にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
相鉄・東急直通線工事の進捗は、前回の日吉駅の記事から約5ヶ月ぶりの様子で、今回は、車内と改札外の両方から見ていきます。

日吉駅付近の工事はかなり進んでいるような感じです。
途中までは地上ということもあり、その進捗状況はわかりやすくなっています。
ちなみに、右に見えているのは、引き上げ線の東京メトロ南北線の車両です。
(写真1 相鉄・東急直通線工事 日吉駅 2017年3月中旬)
相鉄・東急直通線工事 日吉駅 2017年3月中旬

車内から見た場所を綱島街道から見ると、このあたりになります。
(写真2 綱島街道から見る相鉄・東急直通線工事)
綱島街道から見る相鉄・東急直通線工事

目黒線の引き上げ線には、都営三田線6300形と出発していく埼玉高速鉄道2000系です。
(写真3 東急目黒線の引き上げ線)
東急目黒線の引き上げ線

その先には、工事の資材らしきものがあります。
(写真4 工事区間と東急東横線)
工事区間と東急東横線

さらに、重機なども投入されて、工事が進められています。
(写真5 工事現場の重機など)
工事現場の重機など

なお、直近の工事については、工程表からも知ることができます。
(写真6 工程表)
工程表

東急線キャラクターの“のるるん”は、こちらでも、しっかりと新横浜駅への乗り入れをアピールしています。
(写真7 新横浜駅への乗り入れをアピール)
新横浜駅への乗り入れをアピール

ここで、日吉駅のホームにもどりますが、この駅名看板(駅名標)の先に、前回記事で掲載したダブルクロスのポイント(シーサスクロッシングポイント)が設置されています。
(写真8 日吉駅の駅名看板と時刻表)
日吉駅の駅名看板と時刻表

相鉄・東急直通線工事、日吉駅付近の進捗状況は、もう少し(仮称)新綱島駅方面に向かったところの様子を、次回に掲載する予定です。
10両編成化を目指していたTOMIX(鉄道模型・Nゲージ)E233-1000系 京浜東北線は、付随車のサハ2両とモハユニット(1400)の計4両も加わり、フル編成化が完了しました。
先に揃っていたKATOのE233系1000番台と合わせて、10両×3編成となります。
(写真1 TOMIX・KATO E233系1000番台 京浜東北線)
TOMIX・KATO E233系1000番台 京浜東北線

今回10両化したTOMIXの編成のみの写真です。
(写真2 TOMIX E233系1000番台 京浜東北線 10両化)
TOMIX E233系1000番台 京浜東北線 10両化

6両+4両に組み替えて、手前の中間車4両(6~9号車)が増備した車両です。
(写真3 TOMIX E233系1000番台 追加の4両)
TOMIX E233系1000番台 追加の4両

TOMIXのE233-1000系は、別にイベント(体験運転)用の4両編成がありますので、これを含めるとE233系1000番台京浜東北線は、4編成となります。
(写真4 TOMIX・KATO E233系 10両×3編成と4両編成)
TOMIX・KATO E233系 10両×3編成と4両編成

TOMIXとKATOの各1編成が、室内灯の取り付けを終えていませんので、できるだけ早くに作業を進めていく予定です。
プレミアムがつくなどしているため、あきらめかけていたKATO(鉄道模型・Nゲージ)209系500番台 京浜東北線色 基本セットでしたが、とあるショップで(定価を大幅に下回る)手ごろな価格となっているものと出会い、入手することができました。
そこで、メーカーは異なりますけれど、同じ209系でTOMIXの0番台と並べてみました。
(写真1 KATO 209系500番台とTOMIX 209系0番台)
KATO 209系500番台とTOMIX 209系0番台

基本セットは、1・4・7・8・9・10号車の6両で構成されています。
このうち、8号車が動力車のモハ209です。
(写真2 KATO 209系500番台 動力車)
KATO 209系500番台 動力車

そして、4号車のサハ209は、弱冷房車のステッカーが印刷されています。
(写真3 KATO 209系500番台 4号車・弱冷房車)
KATO 209系500番台 4号車・弱冷房車

なお、209系500番台の京浜東北線色は、カトーほか、トミックス、マイクロエースと各社から発売されました。
また、カトーの209系500番台は、武蔵野線色と総武線色の再生産が発表されているため、一部で価格(中古を含む)が下がる傾向にあり、別のショップでこれに合わせるかのように、京浜東北線色の4両増結セットも安くなったことから、入手の手はずを整えました。
(写真4 KATO 209系500番台 京浜東北線色 基本セット)
KATO 209系500番台 京浜東北線色 基本セット

そんなわけで、近いうちに10両編成化できる予定ですので、準備ができましたら、また掲載したいと思っています。
KATO(鉄道模型・Nゲージ)E231系東海道線仕様編成の室内灯は、グリーン車をどのようにするか検討しています。

サロE231へ、試しにKATO(メーカー製)の室内灯クリアを入れたところ、かなりきれいに点灯しました。
(写真 KATO E231系1000番台 グリーン車 室内灯)
KATO E231系1000番台 グリーン車 室内灯

一般車には、LEDテープの室内灯を入れようと計画していましたので、2階建てグリーン車についてどうするか、もう少し考えようと思います。
2020年・東京でのオリンピック開催を控え、“都営交通”として、デザインにこだわったいろいろなポスターを掲出しています。

現在掲出されているものから、まずは、都営浅草線・京浜急行線 泉岳寺駅でみかけた「PROJECT TOEI 010 都電荒川線9002号車」です。
“見た目はクラシックですが、中身は最新です。”というフレーズもなかなかです。
(写真1 PROJECT TOEI 010 都電荒川線9002号車)
PROJECT TOEI 010 都電荒川線9002号車

そして、一つ前の「PROJECT TOEI 009 大江戸線新型車両」も見かけました。
“すべての車両をリサイクル可能なアルミニウム製にしています。”としてエコを強調しています。
(写真2 PROJECT TOEI 009 大江戸線新型車両)
PROJECT TOEI 009 大江戸線新型車両

エコといえば、東日本橋駅には「都営交通の取組 車両でeco」という、地下鉄各線や都営バスなどの写真がならぶ、ポスターもありました。
(写真3 都営交通の取組 車両でeco)
都営交通の取組 車両でeco

さらに、写真ばかりではなく、イラストで、「ようこそ都電荒川線へ」というポスターも見かけました。
(写真4 ようこそ都電荒川線へ)
ようこそ都電荒川線へ

東京メトロもおしゃれなポスターをたくさん掲出していますけれど、都営交通も楽しくなっていきそうです。