にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
相鉄・東急直通線工事は、前回記事から6ヶ月が経過した“新綱島駅”の進捗状況です。
(写真1 相鉄・東急直通線工事 新綱島駅 2017年3月中旬)
相鉄・東急直通線工事 新綱島駅 2017年3月中旬

一見何も変わらないように見える工事現場ですが、周りを囲う塀が、これまでより高くなりました。
なお、写真は囲いが低いときから撮りづらくなっているものの、ところどころ小さな穴がたくさん開けてある箇所があり、工事そのものは一般の人にも様子がわかるようになっています。
ちなみに、地下はだいぶ掘っているような感じでした。
(写真2 新綱島駅工事現場の車両出入口)
新綱島駅工事現場の車両出入口

また、新しい囲いには、デジタル化された作業予定の案内があるのに驚きました。
(写真3 デジタル化された作業予定の案内)
デジタル化された作業予定の案内

安全第一や火の用心など、いろいろな案内が順に表示されます。
(写真4 安全第一・火の用心などを表示)
安全第一・火の用心などを表示

ここからは、おまけになりますが、東急東横線「綱島駅」の東急ストア綱島駅前店があったところの工事は、新綱島駅とは反対に、囲いの上部がなくなり、低くなっていました。
(写真5 旧東急ストア綱島駅前店の工事の様子)
旧東急ストア綱島駅前店の工事の様子

相鉄・東急直通線工事は、間隔や進行状況を見ながら、引き続き、西谷・羽沢・新横浜・新綱島・日吉の各駅の工事様子を記録していく予定です。
2017年3月5日から、相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体化事業の進捗に伴い、星川駅下り線が高架上のホームとなりました。
相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線と併せ、現在行われている大がかりな工事の一つです。
(写真1 高架区間を走行する相鉄線 星川駅から)
高架区間を走行する相鉄線 星川駅から

これまで、天王町駅を出ると、地上へ下がっていた線路は、そのまま高架区間で星川駅へと向かいます。
(写真2 天王町駅→星川駅)
天王町駅→星川駅

星川駅が近づくと、新しいホームと工事中の上り線が見えてきます。
(写真3 列車内から見た星川駅)
列車内から見た星川駅

星川駅ホームからの眺めは、これまでとすっかり変わりました。
(写真4 星川駅ホーム)
星川駅ホーム

ホームの雰囲気もかなりちがいます。
(写真5 相鉄線星川駅 駅名標・時刻表)
相鉄線星川駅 駅名標・時刻表

向かいの上り線は引き続き工事中ですが、進捗状況を見られるようになりました。
(写真6 工事中の星川駅下り線ホーム)
工事中の星川駅下り線ホーム

ホームから、改札に向かう途中の通路は、まだ仮の状態です。
(写真7 改札口とホームを結ぶ通路)
改札口とホームを結ぶ通路

しばらくは、上り線は地上・下り線は高架を行く相鉄線を見ることができます。
(写真8 上り線は地上・下り線は高架を行く相鉄線)
上り線は地上・下り線は高架を行く相鉄線

今回は、星川駅近くの行政機関に用事があったため、同駅で下車しましたが、また、機会がありましたら、これまで通り、各工事の様子を記録できればと思っています。
先日お知らせしたような状況で、更新できない日が続いてしまうこともありますが、いつも、ご訪問いただき本当にありがとうございます。

さて、旧・田町車両センター(跡地)再開発工事は、少し前に、起工式が行われたこともあり、さらに、工事が大きく動き出したように見えた、2017年2月中旬の進捗状況です。
(写真1 品川駅付近)
品川駅付近

当初、今回は京浜東北線からの様子を予定していましたが、山側からは積み上げた土砂ばかりの景色が目立つため、再び、常磐線直通の上野東京ラインからです。
ブルーシートの先が京浜東北線ですので、視界が遮られるような感じになります。
(写真2 旧・田町車両センター再開発の進捗 2017年2月中旬)
旧・田町車両センター再開発の進捗 2017年2月中旬

京急線・都営浅草線の泉岳寺駅が近くなってくる、新駅予定地付近にあった大きな穴(地下)は、地上から見るとふたが閉じられたようになっていました。
また、大きな筒状の物も、置いてある数が増えています。
(写真3 大きな筒状の物)
大きな筒状の物

少し進んで、京浜急行電鉄のビル付近でも、いろいろと工事が行われています。
(写真4 京浜急行電鉄本社付近)
京浜急行電鉄本社付近

このほか、更地だったところも、だんだんと作業が進んできています。
(写真5 軌道モーターカーらしき車両)
軌道モーターカーらしき車両

さらに、田町駅方面でも、たくさんの動きが見られます。
(写真6 作業車両など)
作業車両など

田町駅が近くなったところでは、ショベルカーが作業をしていました。
(写真7 田町駅が近くなったところのショベルカー)
田町駅が近くなったところのショベルカー

ここからは、順調に工事が進むと、かなり速いペースで景色が変わっていくかもしれません。
品川駅線路切換工事から約2月ぶりの旧・田町車両センター(跡地)再開発工事は、年が明けてから、工事が大きく動き出したように見えた、2017年1月中旬の進捗状況です。

今回は、常磐線直通の上野東京ラインで、品川駅から田町方向へ向かいます。
(写真1 常磐線直通 上野東京ライン 品川駅)
常磐線直通 上野東京ライン 品川駅

まず、品川駅を出発してすぐあたりのところは、より整然としてきたように感じます。
(写真2 品川駅付近)
品川駅付近

少し、田町駅方面に進むと、土砂の山らしきものがあり、ブルーシートがかけられていました。
(写真3 土砂の山とブルーシート)
土砂の山とブルーシート

まだ、更地のようなところもありますが、全体として、掘削箇所が大幅に増えてきました。
(写真4 増える掘削箇所)
増える掘削箇所

これまで、特に注目していたポイントでは、地下部分から出る大きな柱も、はっきりと見えるようになりました。
(写真5 地下部分に見える柱)
地下部分に見える柱

さらに進むと、大きな土管のようなものもありました。
(写真6 大きな土管のようなもの)
大きな土管のようなもの

そして、京急線・都営浅草線の泉岳寺駅付近では、東海道線側から見ると、何もないように見えますけれど、その前後や京浜東北線の線路側には、大がかりな工事やプレハブの建物のようなものも多数見えます。
(写真7 泉岳寺駅付近)
泉岳寺駅付近

このほか、クレーンやミキサー車、たくさんのショベルカーなど、たくさんの車両が作業しています。
(写真8 クレーンやミキサー車など)
クレーンやミキサー車など

そろそろ、再開発エリアの様子が、急速に変化し始めるかもしれないので、できるだけチェックしていきたいと思います。
再び年末対応で、4日間も更新をお休みすることとなり、折角ご訪問いただいたのに申し訳なく思っています。
また、記事をご覧いただきありがとうございます。

さて、今回は、前回記事から約7ヶ月が経過した「川崎駅北口自由通路工事の進捗 2016年12月中旬」の様子です。
周辺の工事も併せて行われていて、川崎市バスや東急バスなどが発着するラゾーナ川崎プラザ前のバスターミナルでも、ペデストリアンデッキ工事が進められています。
(写真1 ラゾーナ川崎プラザ前バスターミナル)
ラゾーナ川崎プラザ前バスターミナル

また、工事の進捗にあわせて、案内などにも変化が見られます。
(写真2 エレベーター設置工事のお知らせ JR川崎駅)
エレベーター設置工事のお知らせ JR川崎駅

そして、改札などを含めた通路部分もだいぶ形になってきました。
(写真3 バスターミナルから見た自由通路工事)
バスターミナルから見た自由通路工事

東西を結ぶ通路も、姿が見えてきました。
(写真4 北口自由通路予定付近の工事の様子)
北口自由通路予定付近の工事の様子

工事の様子を近くから見ても、かなり進んでいることがわかります。
(写真5 川崎駅北口自由通路工事を近くから)
川崎駅北口自由通路工事を近くから

JR川崎駅のホームから見ても、かなり進んでいる様子が見られます。
(写真6 JR川崎駅 東海道線ホームから)
JR川崎駅 東海道線ホームから

一方、京浜急行線への乗り換え方面となる東口側の川崎駅前タワー リバーク付近は、あまり変化を感じませんでした。
(写真7 川崎駅前タワー リバーク付近)
川崎駅前タワー リバーク付近

現在の川崎駅の自由通路は、いつも人があふれていますので、工事の完成が待ち望まれます。
また、機会を見て、工事の進捗状況を記録する予定です。