にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京浜急行電鉄のいくつかの大きな駅には、「パタパタ」と呼ばれる反転フラップ式の列車発車案内表示装置(旅客案内)があります。
昨日、めずらしく大幅なダイヤ乱れに遭遇してしまい、横浜駅でその際の表示を見たため写真を撮ってみました。
(写真 ダイヤ乱れ時の通称パタパタの表示)
ダイヤ乱れ時の通称パタパタの表示

列車の順番は表示されていますが、時間は“0”が並んでいます。
JR線なども含めLED表示式でしたら、何も表示されないところなので不思議な感じです。
関連記事
コメント
コメント
駅によっていろいろなのですね
SeriesN1000 様
駅によって、表示器が違うこともあり、対応はいろいろなのですね。
利用する区間や駅によっても、日頃見るものが変わりますので、情報交換できるとのはとてもありがたいです。
2012/12/28(金) 00:04:37 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
品川駅2番線の電光掲示板は遅延が発生するとすぐに電源を落としてしまいます。パタパタの場合はこういう対応なのですね
オレンジ色で『○分の遅れ』っていう表記を見たことがあったような...
2012/12/27(木) 08:40:11 | URL | SeriesN1000 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する