にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京浜急行電鉄で、昨日(2012年)11月29日に、京急ファインテック久里浜事業所 A地区モーターカー基地(久里浜工場奥の線路のみで架線がないところ)内に於いて、土砂崩落による脱線事故を想定した「第31回 鉄道事故復旧訓練」を実施した内容からの続きです。

警察や消防などが到着し、乗客の避難誘導が続く中で、消防隊による救助活動が開始されます。
(写真1 消防隊による救助活動開始)
消防隊による救助活動開始

こうしている間に、京急電鉄の復旧のための作業員も、緊急車両などで現場に向かいます。
(写真2 京急電鉄の緊急車両)
京急電鉄の緊急車両

到着すると、現地指揮所設置を行い、復旧のための準備に取りかかります。
作業の安全を確保するため、いったん送電が止められます。
(写真3 復旧のため車両の屋根に上がる様子)
復旧のため車両の屋根に上がる様子
(写真4 土砂撤去作業の準備)
土砂撤去作業の準備

準備ができ次第、土砂・倒木の撤去作業が開始されます。
(写真5 土砂・倒木の撤去作業)
土砂・倒木の撤去作業

また、事故対策本部設置も設置されます。
(写真6 事故対策本部設置)
事故対策本部設置

途中、見学者に昼食の弁当が配布されますが、これも現地で長時間にわたる作業時の、食事確保など、訓練の一環となっています。
(写真7 弁当の配布)
弁当の配布

列車無線誘導線の復旧後、送電(給電)を開始して、救援列車(今回は、新町検車区のデト17-18形)が現場に派遣され到着しました。
(写真8 救援列車到着 デト17-18形)
救援列車到着 デト17-18形

救援車より復旧のための救援機材を準備します。
(写真9 救援車より救援機材を準備)
救援車より救援機材を準備

早速、車両脱線復旧作業が開始されます。
(写真10 車両脱線復旧作業の開始)
車両脱線復旧作業の開始

続きは、明日の記事でご紹介する予定です。

本日(30日)は、この記事のほかに「第31回 鉄道事故復旧訓練 (1)使用車両は2441編成」、「京急線 明日12/1から土砂崩落箇所での速度制限解除」があります。
関連記事
コメント
コメント
訓練だけあって
雷鳥8号 様
この訓練では、嬉しいことにお昼のお弁当を出してもらえます。さらに、訓練の一環で実施されているので、配るのも早いです。
都会の電車なので、基本的には作業員の食事の確保みたいですが、どこでどんなことが起こるかわかりませんので、いろいろとなことに対応できたほうが、いざというときに役に立つのでよいのかもしれません。
このほか、どのような手順で避難誘導が開始されるか知っておくと、乗客の方もパニックにならなくていいのではないかと思いました。
2012/12/03(月) 15:18:30 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
お弁当
こんにちは
訓練見学者にお弁当が配給される
とは思いませんでした。
幸い、今まで公共交通を利用して
いて長時間の缶詰になったりと言う
経験がないので、こう言う訓練を
通じて、もしもの時を考えておく
必要は有るかもしれませんね
2012/12/03(月) 12:46:59 | URL | 雷鳥8号 #- [ 編集 ]
非公開コメントへのお返事
非公開コメントへのお返事です。
大変お忙しいようですが、記事の更新も楽しみにしております。
いろいろとお心遣いいただきありがとうございます。
2012/12/01(土) 17:08:03 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/12/01(土) 00:54:30 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する