にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
(2012年)11月4日(日)に、都営三田線高島平駅近くの志村車両検修場で開催された「都営フェスタ2012 in 三田線」からの続きで、「工場内のイベント」です。

工場内でのイベントは、昨年の浅草線のフェスタと同じものもありますが、ここでも記録しておきたいと思います。
まずは、ドア開閉体験です。ドア部分だけになってます。
(写真1 ドア開閉体験)
ドア開閉体験

このドアは、形状からも大江戸線と察しがつきますが、反対側か見るとよりはっきりとします。
(写真2 ドア開閉体験は大江戸線)
ドア開閉体験は大江戸線

ドアの開閉の仕組みもこれでよくわかります。
(写真3 自動ドアの仕組み)
自動ドアの仕組み

この手前でには、E5000形電気機関車のレプリカ(ミニ)があり、お子さんたちが記念撮影できるようになっていました。
(写真4 E5000形電気機関車のレプリカで記念撮影)
E5000形電気機関車のレプリカ(ミニ)

このほかにも、体験コーナーとして、パンタグラフの上げ下げが体験できるコーナーがありました。
(写真5 パンタグラフの上げ下げ体験)
パンタグラフの上げ下げ体験

こちらも、いつもの感じですけれど、ミニ電車(6300形)を運行していました。
(写真6 ミニ電車)
ミニ電車
※プライバシー保護のため、暗めの写真を使用しています。

次回の「都営フェスタ2012 in 三田線」は、「物品販売など」を予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する