にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
(2012年)11月4日(日)に、都営三田線高島平駅近くの志村車両検修場で開催された「都営フェスタ2012 in 三田線」からの続きで、「機器類の展示など」です。

まずは、6300形の台車で、M車(モーター車)と、T車(付随車)を分けて、それぞれ分かれやすく展示しています。
また、台車は「輪軸・軸箱・台車枠・ばね装置・基礎ブレーキ装置」などで構成されていることも、案内版に書かれていました。
(写真1 6300形の台車)
6300形の台車

続いては、ブレーキやドア装置用の電動空気圧縮機(コンプレッサー)です。
6300形では、1編成に2台付いていると書かれていました。
(写真2 電動空気圧縮機)
電動空気圧縮機

工場内には、作業用の車両も多数置かれていました。
(写真3 作業用の車両)
作業用の車両

そして、再び機器類にもどり、主電動機(モーター)です。
TIM-6Aという形式のもので、1編成で12台(3両のモーター車に)搭載しているそうです。
(写真4 主電動機)
主電動機
(写真5 回転試験中の案内とフォークリフト)
回転試験中の案内とフォークリフト

そして、説明が気がなく、見落としそうになったのは、ラインデリア(送風機)のパーツです。
工場内には、いろいろな機器が、取り外されて置かれています。
(写真6 ラインデリア)
ラインデリア

次回の「都営フェスタ2012 in 三田線」は、「工場内のイベント」を予定しています。

本日(6日)は、この記事のほかに、「都営フェスタ2012 in 三田線 (2)車両工場内の6300形」と、「ダイヤ改正後も残った2100形の普通・京急蒲田行」があります。
関連記事
コメント
コメント
大切なお仕事
雷鳥8号 様
お返事大変お待たせしました。先ほど、FC2様より連絡があり、正常にもどしていただきました。
さて、鉄道会社の検査体制は、確かにすごいと思います。もちろん、ミスは許されない中で、確実にチェックして、車両を送り出していくので、大切な仕事だと思います。
重量もありますから、作業者自らの危険もありますので、ほんとうに大変だと思います。とてもありがたいことです。
2012/11/08(木) 12:17:03 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
工場見学
こんにちは
私も工場見学好きですね
仕事柄色々な工場に行きますが
会社の規模、作っている物に
寄って様々ですが、
いつも関心するのは、鉄道会社
の検査体制ですね
整備も組付けも一手に担うのは
大変だと思います。
人名を預かる以上当然だとは
思いますが、凄いですね
2012/11/07(水) 12:28:14 | URL | 雷鳥8号 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する