にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2012年10月20日(土)~21日(日)に、小田急線(相鉄線・JR相模線)海老名駅すぐの、小田急電鉄 海老名電車基地と、ビナウォークで開催された「小田急ファミリー鉄道展2012」の続きで、ロマンスカー・SE 2回目です。

小田急3000形ロマンスカーの車内を楽しんでいますが、反対側SE車の先頭車両に向かって進んでいきます。
復元された姿なのだそうですが、私が見慣れた3000形ロマンスカーとはちがう形の前面です。ちなみに、“乙女”と書いてあります。
(写真1 小田急3000形 ロマンスカー・SE 保存車両)
小田急3000形 ロマンスカー・SE 保存車両

車内の様子にもどり、ドア付近の様子です。上部の丸い形がとてもすてきです。
(写真2 小田急3000形のドア)
小田急3000形のドア

最近は、特急形の車両でも車内禁煙が多くなりましけれど、以前は灰皿があるのが普通だったことを思い出させてくれます。
(写真3 肘掛けの灰皿)
肘掛けの灰皿

このほかにも、時代を感じさせるものとして、座席窓側の“栓抜き”がありました。
(写真4 座席窓側の栓抜き)
座席窓側の栓抜き

そして、窓付近全体の様子です。車庫の外には、小田急線の線路が見えます。
(写真5 窓付近の様子)
窓付近の様子

小田急3000形ロマンスカーには、喫茶用らしきカウンターのある車両もあったようで、設備が今時でないところが、またいい感じです。
(写真6 カウンター)
カウンター

このカウンターの反対側には、“棚”がありました。現役時代に、何が置いてあったか気になるところです。
(写真7 カウンターと反対側の棚)
カウンターと反対側の棚

そして、その下には椅子が置いてありました。シートの生地がそのまま使われいるところに、こだわりを感じます。
(写真8 棚の下付近の椅子)
棚の下付近の椅子

次回の「小田急ファミリー鉄道展2012」の話題も、ロマンスカー・SE 3000形の続きを予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する