にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京浜急行電鉄のダイヤ改正で、大幅に増えた「快特」のうち、気になる北総車の話題の続きです。

前回ご紹介しきれなかった注目の「北総7260形」は、京急線内に「快特」としても乗り入れてきています。
品川駅に向かう途中で、「快特 羽田空港」行きで見ましたけれど、速いのであっという間に折り返してきました。
(写真1 北総7260形 快特表示 品川駅)
北総7260形 快特表示 品川駅

この列車、品川に着くと都営線に乗り入れるため種別が「普通」にかわります。しかし、何かがおかしいです・・・。
(写真2 北総7260形 印西牧の原行き表示 品川駅)
北総7260形 印西牧の原行き表示 品川駅

入線してきたときも、「印西牧の原」行きになっていましたが、この「39N」は、「印旛日本医大」行きなのです。出発直前に気がついたようで、「印旛日本医大」に変更されました。
(写真3 北総7260形 印旛日本医大行き表示 品川駅)
北総7260形 印旛日本医大行き表示 品川駅

そして、北総7500形だけ掲載がないのも何ですから、「快特」表示の写真です。
(写真4 北総7500形 快特表示 品川駅)
北総7500形 快特表示 品川駅

最後は、このまま(しばらく)続きそうな京成車の「快速特急」表示です。
(写真5 京成3700形 快速特急表示 平和島駅)
京成3700形 快速特急表示 平和島駅

このような感じで、北総鉄道の車両は、すでにご紹介した分と合わせ、すべての形式が「快特」でも運用されています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する