にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2012年10月20日(土)から本日21日(日)まで、小田急線・相鉄線海老名駅すぐの、小田急電鉄 海老名電車基地とビナウォークで開催されている「小田急ファミリー鉄道展2012」の続きです。

車両展示コーナーに入ってからは、MERU NEKOさんのご要望でもある「F-TrainⅡ」からです。川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムに関連してラッピングされた3000形です。
いろいろな作品がありますが、やはり代表作は「ドラえもん」という感じで、小田原寄り先頭車両を独占していました。1周年記念のマークも付いています。
(写真1 小田急F-TrainⅡ 小田原方先頭車 3493)
小田急F-TrainⅡ 新宿方先頭車

編成側面のラッピングも、とてもすてきです。
(写真2 小田急F-TrainⅡ 3093)
小田急F-TrainⅡ 3093

写真を撮る位置も、ホームからではないので、ドア付近のアップなどがいい感じで撮れます。
(写真3 ドア付近のアップ)
ドア付近のアップ

しかも、このイベントは車両の間近まで行けますので、床下部分をのぞき込むような写真まで撮影できます。
(写真4 小田急3000形の床下部分)
小田急3000形の床下部分

そして、新宿寄り先頭車は、ドラえもんを中心にキャラクターが集合です。奥には“赤い”車両が写っています。
(写真5 小田急F-TrainⅡ新宿方先頭車 3093)
小田急F-TrainⅡ新宿方先頭車 3093

車両展示の全体をみると「F-TrainⅡ」は、一番奥になります。
(写真6 車両展示全体の様子)
車両展示全体の様子

手前にもどると、「小田急ロマンスカー・EXE 30000形」です。側面の姿はなかなか好みです。
(写真7 小田急ロマンスカー・EXE 30000形)
小田急ロマンスカー・EXE 30000形

EXE 30000形の台車も、間近で見て撮影もできました。
(写真8 ロマンスカー・EXE 30000形の台車)
ロマンスカー・EXE 30000形の台車

「小田急ファミリー鉄道展2012」の話題は、まだ続きます。
お近くの方は、これからでも間に合います。天候もよいのでお出かけになってみてはいかがでしょうか。

本日(20日)は、この記事のほかに「蒲田駅付近下り線高架化までいよいよあとわずか」があります。
また、その「蒲田駅付近下り線高架化」は、無事に完了して、平常通り運転されていることを、京浜急行電鉄の公式サイトで伝えています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する