にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京浜急行電鉄の「京急蒲田駅付近連続立体交差事業の進捗」による下り線の高架化まで、いよいよあとわずかとなりました。地上区間を走る現行ダイヤでの運行も(この記事をアップした時点で)あと1時間ほどとなります。
本日20日は、小田急のイベントの後に、京急線に乗車して、梅屋敷駅など見てきましたが、普段では見られないほど多くの撮り鉄さんが集まっていました。皆さんは、思い出に残るよい写真や動画は撮れましたでしょうか。

このブログでは、すでにいろいろな場所の写真を掲載しましたので、それらとは別に最後の記念用に8枚選んでみました。
まずは、この事業で象徴的な第一京浜(国道15号線)と交差する「京急蒲田(空)第1踏切」です。京成3400形が、エアポート快特で通過していくシーンです。
(写真1 京急蒲田(空)第1踏切 京成3400形)
京急蒲田(空)第1踏切 京成3400形

こちらは、やや地味な存在だった「京急蒲田第2踏切」です。しかし、話題の東急線と接続する「蒲蒲線」が実現すると、この下付近は「(仮称)南蒲田駅」となります。
(写真2 京急蒲田第2踏切)
京急蒲田第2踏切

この場所から見る「地上の京急蒲田駅」方向です。
(写真3 京急蒲田第2踏切から地上の京急蒲田駅)
京急蒲田第2踏切から地上の京急蒲田駅

その「京急蒲田駅地上の1番線ホーム」は、これから倍増で注目される横浜方面のエアポート急行です。
(写真4 京急蒲田駅地上の1番線ホーム 新1000形)
京急蒲田駅地上の1番線ホーム 新1000形

そして、人気の場所の一つだった「梅屋敷駅と梅屋敷第1踏切付近」です。高架化で、すべてのドアが開くようになり、便利になります。
(写真5 梅屋敷第1踏切付近)
梅屋敷第1踏切付近

車内からは、「梅屋敷駅→京急蒲田駅」間の風景。この踏切たちも使用されなくなってしまいます。
(写真6 梅屋敷→京急蒲田)
梅屋敷→京急蒲田

先に、京急蒲田駅付近を掲載したので、飛ばして「雑色駅・雑色第1踏切」です。こちらも、高架のきれいなホームに移ります。
(写真7 雑色駅・雑色第1踏切)
雑色駅・雑色第1踏切

最後は、増結がなくなったり、金沢文庫止まりになってしまう「快特 浦賀」行き表示です。
(写真8 快特 浦賀 行き表示 京急川崎駅)
快特 浦賀 行き表示 京急川崎駅

京急電鉄の大きな節目。思い出のシーンの一つになることと思います。

本日(20日)は、この記事のほかに「小田急ファミリー鉄道展2012 (1)入場~車両展示入口」、「京急 第31回鉄道事故復旧訓練 11/29に延期 内容変更」があります。
関連記事
コメント
コメント
お知らせありがとうございます
SeriesN1000 様
お知らせいただいたとおり、本文の方が3700形になっていました。ありがとうございます。
できるだけ、誤植なども気をつけていますが、なかなか見つけきれないものもありますので、問題があるようなものについては、今後もお知らせいただけると助かります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
2012/10/21(日) 01:49:01 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
一番最初の写真の説明文が3700形になっています!
2012/10/21(日) 00:41:15 | URL | SeriesN1000 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する