にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2012年10月20日(土)に、小田急線・相鉄線海老名駅すぐの、小田急電鉄 海老名電車基地とビナウォークで開催された「小田急ファミリー鉄道展2012」へ行ってきました。※21日(日)まで開催。
今回は、展示されるF-TrainⅡに関連して、多くのドラえもんグッズが販売されるとのことや、京急電鉄の5月のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2012」で、「ほこ×たて」に小田急社員として主演された“小田急グッズショップ トレインズ”の名物店長、濱崎さんに大変お世話になったため、ご挨拶に伺いたいと思っていたので、初の小田急イベント参加となりました。

このイベントでは、大好きなロマンスカーの3000形も公開されるということで、長時間を覚悟で並んで楽しんできました。
記事は、まわった順に書いていきたいと思っています。そのため、こちらは後ほど詳しくご紹介しようと思っています。
(写真1 ロマンスカー 3000形 SSE車)
ロマンスカー 3000形 SSE車

では、早速「海老名駅」からになります。駅を降りて会場方向の出口に向かうと「小田急ファミリー鉄道展2012」の看板が見えました。
(写真2 小田急ファミリー鉄道展2012 海老名駅の看板")
小田急ファミリー鉄道展2012 海老名駅の看板

交通整理がされている狭い道路を渡ると、小田急バスとキャラクターの“きゅんた”がお出迎えです。
“きゅんた”については、先日「バス利用感謝デー2012」でご紹介済みなので、正面の写真と説明は省略します。
(写真3 小田急バスときゅんた)
小田急バスときゅんた

車両展示などの会場に入るには、首からかけられるようになっている会場案内の冊子をもらって、入場規制のため少し並んで順番を待ちました。
ようやく会場内に入れると、小田急の駅長さんたちが子供たちと握手をしてお出迎えです。しかし、しばらくは列が続きます。
その列は、となりの物販コーナーも見えますが、すぐ脇では「立川バス」が、バス停関連などの物品を販売しているのが見えました。
(写真4 立川バスの物品販売)
立川バスの物品販売

これを過ぎると、「小田急ロマンスカー カレンダー フォト作品展示」というコーナーになり、カレンダーに採用された写真以外の応募作品なども展示されていました。みなさん、とてもすばらしい作品です。
(写真5 小田急ロマンスカー カレンダー フォト作品展示)
小田急ロマンスカー カレンダー フォト作品展示

この展示の反対には、「砂利運搬用の事業用車」がいました。
(写真6 砂利運搬用の事業用車)
砂利運搬用の事業用車

ようやくここを抜けると、列が終わり自由に行動できるようになります。
(写真7 車両展示と物販コーナーの案内板)
車両展示と物販コーナーの案内板

進む進路は、車両展示方向へ向かうと、お子さん向けの「なりきり運転士」や「記念撮影」コーナーがありました。
(写真8 なりきり運転士と記念撮影コーナー)
なりきり運転士と記念撮影コーナー

さらに進んでいくと、「鉄道模型」のテントがあって、Nゲージの走行のほか、HOゲージも並んでいました。
(写真9 鉄道模型コーナー)
鉄道模型コーナー

このコーナーを出ると、小田急の車や砂利が積んである場所があり、これを過ぎて、ようやく車両展示コーナーです。
(写真10 小田急の車)
小田急の車

次回の「小田急ファミリー鉄道展2012」は、展示コーナーの車両などの紹介からを予定しています。

本日(20日)は、この記事のほかに「京急 第31回鉄道事故復旧訓練 11/29に延期 内容変更」があります。

[2012/10/20 追記]
「小田急ファミリー鉄道展2012」について
明日、2012年10月21日(日)も開催されます。
10:00~15:30 ※第2会場の一部を除く
第1会場:海老名電車基地内特設会場
(ロマンスカー・SE 3000形 徒歩約5分の別会場)
第2会場:ビナウォーク
小田急小田原線・相鉄線・JR相模線「海老名駅」
入場料 無料
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する