にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京浜急行電鉄から、2012年10月30日(火)に実施予定の“第31回「鉄道事故復旧訓練」”について、11月29日(木)に延期するという発表が、19日(金)に同社公式ホームページにてありました。
これは、追浜~京急田浦駅間で発生した土砂崩落による列車脱線事故に伴って、当初の予定の「踏切道での自動車との衝撃による脱線」を、「土砂崩落による脱線事故」に訓練内容を変更して充実を図るためとのことです。
(写真 過去に実施の京急「鉄道事故復旧訓練」から)
過去に実施の「京急 鉄道事故復旧訓練」から

一般見学については、期日までに申し込みを済ませた人へ、日付の変更の案内を送付して、参加が可能な人の中から抽選を行うそうです。

変更後の訓練の概要は次の通りです。
★第31回「鉄道事故復旧訓練」
実施日時
 2012年11月29日(木) 11:00頃から15:00時頃まで
※雨天決行(荒天中止)
実施場所
 株式会社 京急ファインテック久里浜事業所
 (神奈川県横須賀市舟倉2-4-1)
当日の予定
 1.負傷者の救出(乗客役を増員する)
 2.土砂の搬出(土砂の搬出と樹木の伐採・搬出を行う)
 3.車両の脱線復旧
 (車輪損傷時に使用する機材利用を追加する)
 4.鉄柱・信号機・線路等の復旧
 (鉄塔の補強作業、仮柱への発光信号機の設置作業等を行う)

※上記は、公式発表をまとめたものです。
 正確な内容は同社の公式サイトなどでご確認ください。

10月19日は、京急電鉄からの公式発表がとてもたくさんありました。
関連記事
コメント
コメント
訓練は大切ですね
雷鳥8号 様
このところお返事が遅くなりがちで申し訳ありません。いつも、ありがとうございます。
やはり、訓練は大切だと思います。しかも、このように一般の人の目がある中で、緊張感をもってできるとさらに生きるのではないかと思っています。
ちなみに、本文では書くのを控えましたが、この写真の訓練の翌日は、やはり京急線で大雨による土砂崩れがあり、今回よりももっと危ない状況がありました。
このときは、公の土地(確か横浜市)だったため、京急というよりは行政に矛先が向いたことと、復旧に時間を要したものの車両や乗客には被害がなかったため、今回の事故では話題になりませんでした。
とにかく、横浜駅を過ぎると山が多いのが京急線です・・・。
2012/10/21(日) 01:45:09 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
日々鍛錬
こんにちは
事故は有っては成りませんが
どうしても発生するモノ
日々鍛錬してその日に備える
必要がありますね
鉄道会社の日々の訓練は大変ですね
2012/10/20(土) 16:01:13 | URL | 雷鳥8号 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する