にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
9月24日に京急線の追浜駅→京急田浦駅での土砂崩れによる脱線事故は、発生から2日経ちますが、懸命の作業にもかかわらず作業が難航して、※27日午前に運転を再開しました。27日の再開を目指すもののめどは立っていない状況のようです。

私としては、こういった事故については、救助・復旧・検証・調査・代替手段の確保・報道・・・等々、関係する専門の方々にお任せして、無用な混乱を避けるためにも、静かに見守る姿勢でいたいと思っています。

しかし、信頼して任されているはずの“プロ”が、あまりにもお粗末なことをしているのには、流石に何も言わずにはいられません。
明日の運行状況を確認するためにネット上の報道を見ていたところ、読売新聞であまりに“偏向報道”ではないかというものを見て愕然としました。それは次の文です。

YOMIURI ONLINE(2012年9月26日21時28分 読売新聞)より
 運転を見合わせている区間では代行バスが運行され、25日の利用者は約1万5000人に上った。トンネル脇の国道16号には多くの工事車両が駐車し、神奈川県警によると、26日午前7時頃に現場付近の上りで約3キロの渋滞が発生。通勤・通学客らへの影響が続いている。

そこに駐車している車両は、「工事車両」だけなのですか?あなた方の同業(報道)は、まさか(その時間以外に)一緒に原因を作っていませんよね・・・!というものです。あとは、お分かりになりますよね。(報道全体の流れもあるので)

そして、この事故は、自然災害であり、多くの人が懸命に“仕事”をしているのです。しかも、その仕事は、“皆が憎しみ合うためではなく、一日も早く平穏を取り戻し、再発を防ぐため”にがんばっているのです。
それなのに、あたかも「京急」が大変悪いかのように見えるよう、一部だけを取り上げて記事を書き、“人々のいらだちを誘うようなこと”をすることは、よい仕事といえるのでしょうか。

私は、マスコミの役割自体は、野次馬であふれるようなことを避けるためにも、代表として暗黙に任され、必要な情報を伝える大切な仕事であると思っています。
しかし、社会の混乱に拍車をかけたり、誰かを意図的に貶めたり、事実を誤認するようなことを伝えるのであれば、必要がないどころか、存在してはならないものになってしまいます
しかも、このような報道をしていては、京浜急行に限らず他線でも何かあった場合にも、混乱に拍車をかけてしまいます。
近いところでは、京王線の踏切事故の時も、京王電鉄に落ち度はないにもかかわらず、運行できないことへの利用者の不満を、火に油を注ぐように報道していたことが、今でも気になっています。

それから、今回の事故では、テレビ・新聞各社などで一斉に、「業務上過失傷害容疑で電車の男性運転士(24)から任意で事情聴取し・・・」とだけ伝え、まるで運転士に非があり、即逮捕されるかのような誤解を生んだことも気になっています。
これも、事実の一部だけを報道したからにほかなりません。そういった確認も必要で、決まりになっているから行われたものですが、任意聴取ですし、過失がなければ責任を問われることはもちろんありません。過失があったか、なかったかわからない時点なのですから、趣旨が正しく伝わるように報道するべきだと思います。(その後のことは、無論わかりませんし、肝心の報道もしていませんね。)
そうでないと、社会不安が増大していってしまいます。まじめな人ほど報われない社会になんて、あってはならないことです。

今回のことは、私と同様に、この(これらの)記事について疑問を感じる人も多く「京急」を応援しいるたくさんの方がいるということをTwitterをはじめとてするネット上で知ることができました。
また、(京急の)人気があることはわかっていることですけれど、「京急」がこんなに愛されているのを確認できるのは、本当に嬉しいことでした。
これからも、大変な作業が続くと思いますが、関係者の皆さんに感謝するとともに、少しでも早い復旧が実現するよう願っています。皆さんからの多くの声援を受けて、がんばってください!
(写真 京急2100形)
京急2100形 戸部駅

最後になりますが、あらためて事故で負傷された方々にお見舞い申し上げるとともに、1日も早い回復を願っております。

[2012/09/27 追記]
タイトルをより近い表現の「反論→反発」に変更しました。
また、文の一部を修正しました。
関連記事
コメント
コメント
時代の変化を感じます
ぺんた 様
このところ大変お忙しそうで心配していました。一段落着かれたようで、安心しました。
さて、脱線事故の報道に関することですが、”京急 速度制限の指示なし” というのありましたね。私も、乱暴な報道の1つだなと思いました。
もともと、テレビ・新聞・雑誌などは、ぺんたさんが書かれたように方向性をはっきりと持って伝えようとしていることは理解しています。ただ、以前は、内容の善し悪しに変わらず、発信者も覚悟を持って伝えている姿勢が感じられましたが、現在は「数字が取れればよい」、「注目されればよい」という安易な姿勢が目立ち、大変危ういと感じています。
京急は、各社とも注目されていることを知っていますから、叩けば面白いと考えたと思います。しかし、京急は鉄道ファンからの支持だけではなく、地域住民からも大変愛されているということに気がつかなかったようです。
皮肉なもので、報道の仕方自体は感心できませんが、そのことで、京急への多くの愛を確認することができ、また報道との関わりを考え直すきっかけにもなった気がします。
どんな情報も鵜呑みにしてはいけないという、とても重要なことに気がつく、新しい時代を迎えつつあるのかもしれません。
2012/09/30(日) 13:11:08 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
無事 復帰したようでなにより
ぱんださんこんにちは
コメントさせてもらうのはお久しぶりです。
本当は気になる記事(コメントしたい記事)がたくさんあったのですが、ひとつはこの記事。
私は脱線の第一報を出張先の緊急速報で知ったのですが、その後、復帰に至るまで出張先で情報を得ています。
なので、私のブログには速報的な記事を書かず、落ち着いてから書こうと思っていましたが、ぱんださんの記事で私の思う所を記事にされているのでこちらにコメントすることにしました。
WEBの世界では情報の取捨選択が重要とは良く言われることですが、テレビをはじめとするマスコミ情報も必ず発信者のもっていきたい方向があるというか、情報操作があるということは今では、行きすぎた政治報道などから、広く知れ渡ったことと思いますが、まだこういう事故の報道では、純粋に事実のみを報道していると思ってしまう方も多いと思います。
”京急 速度制限の指示なし”
事実ではあったのでしょうが、そこだけを速報すれば、京急はルールを無視したか、安全を軽視したかのように聞こえるでしょう。
広告では自分に都合の良いことを強調し、都合の悪い事は目立たないようにします。
これは報道ではなく広告(自社製品を売ったり、自己をアピールしたり)ですから当たり前のことです。
雑誌の記事ならある程度、記事に読者を誘導したい意思を感じられるかもしれませんが、テレビ、新聞にはまだ無抵抗かもしれません。
テレビ、新聞にも視聴者、読者を誘導したい意思ははっきりしています。
不満はありますが、偏向報道の中、何が正しい、もしくは自分にとって重要な情報なのか自分で判断することが必要なのだと思います。
2012/09/30(日) 08:01:35 | URL | ぺんた #HJLE0etE [ 編集 ]
愛されることの大切さ
名前は多分ある 様
コメントありがとうございます。
最近の報道は、取材が甘かったり、実際とは関係なく結論やプロセスが作られていることが多々あるように思えて気になります。書いていただいたように、決して鵜呑みにしてはいけないと思います。
今回の事故では、多くの利用者が京急の大切さ(便利さと必要性)を知っていて愛されているため、あれでも期待通りの過激なコメントをとることができなかったように思います。
また、(脱線事故に関する)フジテレビの報道にも賛否はありますが、私が観たワイドショーでは、NHKなどに比べるとずいぶんと京急寄りだった気がしています。後で知ったのは(観ていないので確認はできませんが)、朝の報道番組と関係があったようです。理解してもらえる環境があったのは、やや良かったのではないかと思います。
記事にも書いたように、京王電鉄の踏切事故の時の混乱をとても気の毒に感じていましたので、愛されることの大切さをあらためて実感しました。
2012/09/28(金) 00:23:45 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
こんばんは。
各メディアでの事実と異なるように解釈できる報道には大変残念な気持ちでした。
他にも避難時に座席を外したのを、あたかも事故時の衝撃で外れたように報道したテレビ番組もあったようです。
このことに限りませんが、最近は偏向報道が盛んに行われている気がします。私たちには、報道を鵜呑みにせずに正しい情報を集め、自分で理解することが必須になってきているように思います。
しかし、それでもそれらに疑問を投げかける人が多いのは、沿線の人に京急電鉄を愛する人が多い証拠ですね。
ここまで人に愛される京急電鉄は素晴らしい鉄道だとも思います。
2012/09/27(木) 21:01:27 | URL | 名前は多分ある #mA5Wklfo [ 編集 ]
報道の難しさ
雷鳥8号 様
報道機関は大切だと思っていますけれど、一部のマスコミ関係者の配慮のなさには大変不快な思いをすることがありますね。
あと、京急に限らず、やむ得ない運休の際にも、鉄道事業者を困らせるように、あおる報道への問題点も指摘したいと思いました。
特別なことが許されている人たちだからこそ、意識を持ち、関係者へのよい意味での配慮を忘れないでほしいと思います。そして、情報は人々を安心させたり、安全に導くためのものであるべきと(私は)考えています。
2012/09/27(木) 15:21:57 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
マスメディア
こんににちは
お話の通りですね
昨年、私の住む町で水道管が
破裂してガス管を破断させた
事故が有りました。
全国紙にも載る事故で、工事車両
に混じってマスコミ関係のクルマや
人が入り込み、狭い町なのに
渋滞がひどくなりました。
報道したいのは分かりますが
地元の人の事などもっと配慮が
必要ですね
2012/09/27(木) 07:19:17 | URL | 雷鳥8号 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する