にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
このところ話題にしている京浜急行電鉄・都営浅草線・京成電鉄・北総鉄道のダイヤ改正ですが、この路線の面白いところは、鉄道の一般利用者よりも、ファン(マニア)のほうが大混乱していることではないでしょうか。それだけ注目を集めているということですね・・・。(私もその一人ですから、悪い意味で書いたわけではありません。)
一般の利用者の方にとってのダイヤ改正は、自分が利用する駅は便利になる(不便にならない)か、目的地により早く到着できるようになるか、そして、乗り換えは便利になるかということを気にするくらいのことだと思います。
その視点からは、現行ダイヤで「京急蒲田駅のエアポート快特通過」というのが大きな話題となりました。京急電鉄にとっては、とても大変なことだったと思います。しかし、実際に地元の事情もわかっていると、将来的な不安も含めて、反発が予想以上に大きかったことはわかるような気がします。この問題は、どうにか決着したようで、よかったと思います。

さて、この路線のファン(特に学生さん)の間では、「種別」の話題で盛り上がっているみたいです。正式な名称やアナウンスなどがよく変わることもあり、私も「本当は?」などと考えてしまうこともあります。
今回の注目点は、やはり緑色からオレンジ色に種別(イメージ)色が変わる「エアポート快特」と、関連する「アクセス特急」ではないかと思います。
(写真1 京成3500形のエアポート快特(緑)表示 京急蒲田駅)
京成3500形のエアポート快特(緑)表示 京急蒲田駅

まず、色から見ていくと、浅草線内に「アクセス特急」(浅草線内各駅停車)が残り、「エアポート快特」(通過あり)が同じオレンジになることで、新たな問題が出るのではと心配する声があります。詳細なダイヤが発表されないうちは、はっきりとは言えませんが、誤乗防止のために色を変えるわけですから(京急・都営ともに公式発表)、おそらく1本ないし数本が残るだけで、多くの人には影響がないように設定されているのではないかと思っています。
また、もしかしたらなのが、「アクセス特急」と「エアポート快特」が、同じ停車駅(通過あり)になることです。(あくまでも可能性の1つです。)
それは、東京都交通局の公式発表から“⻄⾺込駅6時23分発「普通」印旛⽇本医⼤⾏き列⾞を泉岳寺駅で⽻⽥空港駅発、「アクセス特急」成⽥空港⾏きに接続し、成⽥空港アクセスを改善します。”というところからです。
あと、これも、あくまでも推測ですが、エアポート○○で羽田空港方面ばかりが強調されてしまうので、成田空港方面も便利ですというイメージ戦略ではないかと思っています。(運用の問題だけなら、別の解決方法があるのではないかと考えています。)
あと、発表までの1週間いろいろと推測できて楽しめそうです。

そしてもう一つ「快特」という珍しい種別についても、注目しています。これも一般の方なら、「グリーン(緑色)の速い電車」、「たくさん止まらない駅がある電車」くらいの感覚だと思いますが、ファンの視点では、「快特」と「快速特急」どちらが正式なのか?という方が気になるみたいです。
京急電鉄では、現在は「快特」になり、京成電鉄では反対に「快速特急」に、路線図や時刻表などをみると統一されています。どこかの学生さんのサイトで、違うアナウンスを断定的にしているようで、わけのわからない指摘があったり、質問がきたりします。(惑わされてしまうという意味で、適切なご指摘や質問などは大歓迎です。)
私も間違えない保証はないので、あまり強くいえませんけれど、比較的見られているサイトのようで、しばしば(よく調べたり確認したりせずに)都合のいいように書いているみたいなので、うまくやってほしいと思っています。(おそらく、ネット上の特ダネ情報を集めて、体験したり、知っていたかのように編集するからなんでしょうけれど・・・。)※調べた場合は、できるだけ参照元もきちんと書いてほしいと思っています。
(写真2 紛らわしい種別の1つ「快速」京成3400形 八広駅)
紛らわしい種別の1つ「快速」京成3400形 八広駅

ダイヤ改正のことで、いろいろと考えて盛り上がるのはとても楽しく、いいことではないかと思っています。もちろん、現実的ではない想像もよいですし、本人が楽しければ十分だと思います。
ただ、何かの(公式)発表に基づくことと、主観的なことを分けずに伝達したり、知識自慢のためにいわゆる“ガセネタ”や“他の人のブログ記事の特ダネ情報のまとめ的なもの”を、(ブログ上などで)断定的かつ強気で発信していくことは、とても危険なことだと思います。
もちろん、自分自身にもいえることですから、より一層気をつけて、皆さんとのコミュニケーションや、情報なども大切にしながら、話題を提供できたらと思っています。
ダイヤ改正で、これだけ楽しめるのも鉄道のいいところではないでしょうか。多くの方の楽しいレポート(記事)もたくさん見ることができればいいなと思っています。

[2012/09/23 お知らせ]
本日、9月23日(日)は、フジテレビ系列(全国ネット)の「ほこ×たて3時間スペシャル」19:00~21:54 で、マニアvsプロ第6弾“京成電鉄クイズ対決”が、放送されます。
ちなみに、読売・産経新聞などネット版で「ほこ×たて」が、日本民間放送連盟(民放連)の今年の「エンターテインメント部門」の「最優秀賞」を受賞したという記事が掲載されていました。内容を充実させて、ますます皆さんを楽しませる番組になっていくことを願っています。

[2012/09/23 追記]
文章の一部を変更しました。
関連記事
コメント
コメント
昔は確かにそう呼んでいました
ぺんた 様
“京浜電車”に“快速電車”多少呼び方に差はあっても、昔は大体こんな感じでしたね。懐かしい響きです。
種別については、京急に限らずどこもややこしくなりました。経費も考えながら運用しなくてはならないので、しょうがないことですが、とにかく混乱しやすいです。
乗れ入れ先の京成電鉄では、呼び方が同じ、飛行機マークのあるなしがある「アクセス特急」に、「急行」がなかったり・・・。さらに「快速特急」と「快速」が同時に存在するなど、京急以上に難解な気がしています。
しかしながら、鉄道ファンにとっては、話題豊富で楽しいことがいっぱいだと思います。
2012/09/30(日) 13:23:32 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
快特・快速・快速特急
ぱんださんこんにちは
こっちはかる~く
普通・急行・特急・快特
に加えて、エアポート急行・快特
それにアクセス特急ですか?
都営・京成の分も含めると、京急ファンの私ですが、全ての種別を把握できてません。
蒲田以南にやってこない種別に馴染みがないだけなんですけど。
ファンには面白い要素であり、利用者にはちょっと混乱の要素ですね。
ちなみに京急電鉄を京浜電車と呼んでいた祖母は現在の「快特」は快速電車でした。
私のブログタイトルはそんな意味合いです。
2012/09/30(日) 08:18:21 | URL | ぺんた #HJLE0etE [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する