にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
昨日、すでに10月21日(日)の京浜急行電鉄や京成電鉄のダイヤ改正に関係する記事を書きましたが、東京都交通局や北総鉄道も含め一度にまとめて公式発表があった上に、思っていたよりも内容が多かったため、資料を確認するのに時間がかかります・・・。
前回、京成電鉄のダイヤ改正で少し触れた「シティライナーの減便」について、節電ダイヤの実施前、シティーライナーの一部運行再開、そして今回発表のダイヤ改正後の時刻表を確認してみました。
(写真1 復活することなくダイヤ改正で消える成田空港行)
AE100形 シティライナー 成田空港 表示

現在は、上下各7本(80号~93号)が設定されている列車のうち、各2本を京成上野-京成成田(1本は、京成上野-成田空港が本来の設定)間で運行し、他は指定席券を購入する際、自動券売機でも表示されるように“運休”扱いとなっていました。
そのため、運行されていた列車は、列車名も時刻も(区間変更以外は)節電ダイヤの実施前のものと同じで、下りは83号と93号、上りは80号と90号でした。
しかし、改正後の平日ダイヤ(土・休日もほぼ同じ)を見ると、京成上野発(下り・京成成田行)は、現行の83号と93号の中間の9:03に「81号」として1本、また京成成田発(上り・京成上野行)は、現行の92号の時刻に近い15:15に「80号」として同じく1本のみになります。
列車名も整理され、京成成田までである(成田空港まで行かない)ことを考えると、これまでの運休扱いを終了して、本線経由で日中の空港有料特急は完全になくなることが考えられます。※公式発表では、シティライナーの時刻変更とのみ記載し、時刻表が掲載されているのみです。(もちろん、減便についても触れられていません。)

そして、こうなると心配なのが、AE100形についてです。7編成あった車両は、すでに残り3編成にまで減っていています。日に上下各1本しかなければ、予備車を考えてもさらに余剰になりかねず、(新)AE形の使用も考えるとさらなる廃車が進むのではないかと懸念されます。
(写真2 AE100形 宗吾車両基地)
AE100形 宗吾車両基地
(写真3 AE100形の車内 京成成田発 京成上野行 2012年)
AE100形の車内 京成成田発 京成上野行

新AE形の登場により、ややデザインが古く感じられるようになりましけれど、それでも内装もきれいですし、車両としての寿命には早いので、うまく活用されて生き残れることを願うばかりです。
シティライナーは少し前に書いた乗車の様子からもわかるように、本当に利用者が少ないです。しかし、京成電鉄が成田山新勝寺の参拝列車として発展した歴史をしっかりと踏まえるかのように、ダイヤ改正後も上野-成田間の(日中の)有料特急としてシティライナーを残したことは、(利益という点で賛否があるかもしれませんが)とても嬉しいことだと思っています。

今後、(おそらく10月に入ってから)発表されると思われる有料特急以外の詳細なダイヤも待ち遠しいところです。
関連記事
コメント
コメント
たしかに押上線方面からは不便ですね
津田みどり 様
ダイヤ改正について、上野・日暮里から成田空港へは、さらに便利になったという印象がありますけれど、確かに押上線方面からですと、現状では完全に成田空港方面の有料特急の乗客をあきらめたという感じになりますね。
震災前のダイヤでシティーライナーをみると、料金と所要時間のバランスが取れているとはいえず、同方面から成田空港でしたらバスの方がよくなってしまうかもしれないと思いました。(驚くほど乗っていなかったですよね・・・。)
京成電鉄にとっても、いろいろと事情があっての結果だと思いますので、今後の改善を楽しみに待ちたいと思います。
それからに、乗務に関することもいろいろと勉強になります。中を経験して人でないと分からないこともたくさんあるので、今後も差し支えない範囲で、いろいろと教えていただけるとありがたいです。
2012/10/08(月) 16:09:39 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
シティライナーは…
おはようございます。
今月21日ダイヤ改「正」でシティライナーも動きが出ましたが現状としては、日頃見てますと乗車率が著しく低く(キハ40×1両で充分なくらい)千原線以下であり、日中のSRと並ぶくらいです。
しかも、空港へ行かなくなると成空アクセスの利便性が少し悪くなるのは確かですね。
上野・日暮里から座席指定で成空へ行くには、ライナーが使えますが、押上線・都線・京急方面からの利用者はライナーは乗れませんので、やむなくB特急またはA台特急(これがまた、日暮里から結構乗ってきます)にて立席で行く方法に強いられますので、快適に成空へは行けないのが残念です。
しかし、名前からしてシティライナーですから、空港へ行かなくても青砥・船橋に止まる列車として成り立つのでしょうね
※シティライナーはアクセス線の乗務員が乗務します。本線乗務員とアクセス線乗務員とで別れてますが、本線乗務員がシティライナーには乗務しないのが疑問です。ちなみにアク特は高砂以西のみ本線乗務員が担当する行路があります。これはアクセス線乗務員に乗せきれない部分や食事休憩等のためです。特に夕方のアク特の上野・押上~高砂については一部、泊り明けの方が時間外勤務(約35~40枚程度の泊り仕業に5枚ほど権利が与えれているので、嫌でも順番に廻ってきます)にて乗務します。
2012/10/08(月) 08:47:28 | URL | 津田みどり #- [ 編集 ]
たくさん乗車してあげてください
三十路 様
あれだけ乗車率が低いと、むしろよく残してくれたと思います。
スカイアクセス線経由との関係で、料金や所要時間など多くの制限があるので、現状では仕方ないですね・・・。
もっと、途中の船橋も含め、成田や成田空港へ京成電鉄を使う人が増えれば、また大きく変わってくると思いますので、たくさん乗車してあげてください。
2012/09/21(金) 18:03:20 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
こんにちは三十路です。減便は悲しいですね。先日初めてシティーライナーに乗りましたがあれが最初で最後かもしれません。引退する前にもう一度乗りたいです。
2012/09/20(木) 14:14:08 | URL | 三十路 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する