にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
先ほどアップした京浜急行電鉄と都営浅草線のダイヤ改正の発表(エアポート快特の種別イメージ色がオレンジに変更)に続き、少し遅れて京成電鉄も2012年10月21(日)からのダイヤ改正の概要を発表しました。

京成線の大きな改正ポイントは、まず「スカイライナー」の(時間帯による)増発です。早朝の京成上野5時58分発を新設するほか、14~16時台の上りスカイライナーを6本→9本に増発して、朝の下り同様に概ね20分間隔での運転と便利になります。※全体の本数は変わりません。
(写真1 京成スカイライナーAE形 京成高砂駅)
京成スカイライナーAE形 京成高砂駅

そして、先に発表された、京急電鉄や東京都交通局の発表からも推測できるように、日中時間帯の「アクセス特急」の停車時間などの見直しが行われ、最大10分(京成・北総線内9分)の大幅な所要時間の短縮が図られます。
また、北総線内でのアクセス特急と普通列車の接続駅が新鎌ヶ谷となり、接続時間の短縮とスムーズな乗換を可能にして、千葉ニュータウン地域と都心間のアクセスも向上するようになるとのことです。※北総鉄道からも、ダイヤ改正については発表があります。
なお、短縮される時間については、京急・都営・京成の各社で発表に若干の差があります。
(写真2 京成3050形 アクセス特急 京成高砂駅)
京成3050形 アクセス特急 京成高砂駅

このほか、シティライナーについても、変更後の時刻が発表されましたが、平日、土休日ともに「下り 81号」と、「上り 80号」の各1本ずつに減便されます。※現在は、上下ともに各2本(計4本)運行。
さらに、京成電鉄とのダイヤ改正後の接続について、新京成電鉄から「ダイヤ変更」として、こちらも発表がありました。

スカイライナーとシティライナー以外の時刻の発表ついては、変更があるということのみしか書かれていませんでしたが、思っていたよりも大胆な改正になった気がしています。※北総鉄道は、10月中旬発表としています。
詳しくは、京成電鉄発表の「10月21日(日)京成線ダイヤ改正 」をご覧ください。

★ダイヤ改正発表の関係で、19日付けのブログ記事は3つ掲載するとことになりました。

[2012/09/19 追記]
京成線のダイヤ改正に関する情報として、東京都交通局からの発表では次のようなものがあります。

1.15~16時台4本の6両編成(京成車)をすべて8両編成に変更。
2.16~18時台の「普通」押上行き11本を、京成線へ直通運転。

京成電鉄の発表では、「ご利用の多い時間帯のスカイライナーを増発」という表現で書かれていて、改正前と改正後の時刻表を見比べると、全体の本数は変更ありません。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する