にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
以前に、身近すぎてほとんど乗車しない(JR東日本)鶴見線ということを書いたことがありますが、あまりにも長いこと乗っていないのでイメージを更新しようと思い、JR鶴見駅から鶴見線・南武支線を利用して、京急線内へ抜けるコースで乗車することにしました。
(写真1 JR鶴見線 205系1100番台)
JR鶴見線 205系1100番台

鶴見線や南武支線は、朝夕のラッシュ時を除くと、都会の電車とは思えないほど非常に本数が少ないので、事前に乗り継ぎを調べて、JR鶴見駅→浜川崎駅→八丁畷駅、そして京急線へ乗り換えることにしました。
ちなみに、私が小学生の時に副教材として配布された資料集には時刻表が掲載されていて、ものすごい混雑の様子が紹介されていました。なお、ラッシュ時は現在の約1.5~2倍くらいの運行本数があり、大川支線を除けば、昼間の時間帯もそれなりの本数が確保されていました。
(写真2 JR鶴見駅 運賃表)
JR鶴見駅 運賃表

少し歴史にふれると、戦前は「鶴見臨港鉄道」という、京急に関連する私鉄でしたが、後に鉄道は戦時買収で国鉄となって、現在の鶴見線になります。
そのため、鶴見線の発着は建物の3階部分からとなっていたりするなど、私鉄であった名残があります。また、そのホームの下には、京浜百貨店から続く、京急ストアがあります。
(写真3 鶴見線ホーム下は京急ストア)
鶴見線ホーム下は京急ストア

左端に見える看板は、昔は、とても昭和な感じで「京浜百貨店」と書いてありました。
(写真4 昔は京浜百貨店の看板)
昔は京急百貨店の看板

また、鶴見臨港鉄道に関連するバス事業の「川崎鶴見臨港バス」は京急グルーブとなり、現在は完全子会社となっています。
(写真5 川崎鶴見臨港バス)
川崎鶴見臨港バス

鶴見駅西口は、自転車駐輪場の新設が行われていて、ほぼ完成しています。景色がまた少し変わりました。※撮影は、2012年5月末
(写真6 鶴見駅西口の自転車駐輪場の新設)
鶴見駅西口の自転車駐輪場の新設

さて、いよいよ鶴見線のホームへ向かいますが、メインの改札口を入った後に、もう一度、鶴見線専用の改札口が出てきます。鶴見線から直接、駅の外へ出入りすることができる狭い改札もあるものの、京浜東北線からの乗り換えや東口から入って来た場合は、この改札を再び通ることになります。
先ほども書いたように、昔は私鉄だったということもありますが、鶴見線は以前から無人駅ばかりなので、ここでのチェックが必要となっています。
(写真7 JR鶴見駅 鶴見線への改札口)
JR鶴見駅 鶴見線への改札口

改札を入って、鶴見線のホームから見ると、京浜東北線のホームへ降りていくところや、東口へ向かう通路が見えます。
(写真8 鶴見線のホームから)
鶴見線のホームから

そして、ホーム内には、現在 閑散時は使われていない階段があります。
※朝のラッシュ時などは解放されていて、4番線への行き来に使用されているそうです。コメントでお知らせいただきました。ありがとうございます。
(写真9 閑散時には使われていない鶴見線ホームの階段)
使われていない鶴見線ホームの階段

3番線ホームの窓から下を見ると京浜東北線の2番線となっています。東口方向の工事中のものはCIAL(駅ビル)です。この前は、つるみカミン(COMIN)がありましたけれど、老朽化のためついに建て替えとなりました。私が、プラレールと初めてであったのも、カミンへ名称がわかる前の駅ビル時代にあった玩具店でした。
(写真10 東口方向に窓から下を見ると京浜東北線)
東口方向に窓から下を見ると京浜東北線

次回も、鶴見線の話題を続けていく予定です。

[関連記事のご案内]
地震対策の賜物 (3)国鉄時代の鶴見線 73形・101系
※2011/03/17の記事
http://pandaneko1.blog120.fc2.com/blog-entry-364.html

[2012/06/10 追記]
3番線ホームの階段に関する説明を訂正しました。
関連記事
コメント
コメント
非公開コメントへの返信
非公開コメントへのお返事です。
お忙しいところ、コメントありがとうございます。
記事の更新も再開されて、引き続き楽しく拝見しております。
こちらこそ、いろいろとお世話になりますが、よろしくお願いいたします。
2012/06/10(日) 22:00:21 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/10(日) 18:18:12 | | # [ 編集 ]
お知らせありがとうございます
名前は多分ある 様
この度は、とても大切な情報をお知らせいただきありがとうございます。また、すばらしい模型をはじめ、ワクワクする話題を拝見して、いつも楽しませていただいています。
鶴見線は、年中見ているにもかかわらず、申し訳ないほど乗車機会がなく、205系に置き換わってから初めての乗車だと思います。また、子どもの頃から、ラッシュ時に乗車することがなかったので、実は4番線側にまわったことがなく、階段の使用方法を知りませんでした。とてもきれいで、使われていない雰囲気もなかったので、よく確認して記事を書くべきだったと反省しています。
(名前は多分ある様は、)鶴見線や南武支線のことについて、模型製作を始め、その話題を書かれているので、この機会にもう一度、よく読ませていただいて勉強しようと思います。
私の記事では、乗車した感想のようなことが主になりますが、おかしなことがありましたら、ぜひご指摘いただければありがたく思います。
一度、お話ししたいと思っていましたので、コメントをいただき(訂正ができたことも含めて)とても感謝いたしております。こちらからも、コメントさせていただくと思いますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2012/06/10(日) 01:14:28 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
初めまして。いつも楽しく拝見させていただいています。また、いつも弊ブログをご覧いただきありがとうございます。
鶴見線ホームの連絡階段ですが、朝ラッシュ時には4番線を使う列車があるので、その時には解放されていました。階段の先は単に3番線と4番線を行き来するだけの通路となっています。
また、今年の1月に行われた鶴見線スタンプラリーの時にもイベントの一環(?)として日中時間帯にも開放されていたこともあったりします。
最近、平日の朝ラッシュ時に鶴見線に乗る機会が無く、状況が変わっているかもしれませんが、参考程度に思っていただければとコメントさせていただきました。
2012/06/09(土) 23:55:33 | URL | 名前は多分ある #DCRLeAs. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する