にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京急ファミリー鉄道フェスタ2012の記事を先にしたため、間が1週間ほどあいてしまいましたが、京成電鉄 宗吾車両基地工場見学の最後で、保存車両AE61内のミニ博物館のようなものの続きです。

ガラスケースの反対側には、AE100形のモックアップがあって、いくつかの塗装を検討したことがわかります。
(写真1 京成AE100形のモックアップ)
京成AE100形のモックアップ

検討用に塗り分けられたものですが、実際に採用されたものと少しだけちがいます。
(写真2 京成AE100形の塗装候補)
京成AE100形の塗装候補

AE100形の運転開始にあわせて、取り付けられた「ニュー・スカイライナー 運転開始」のプレートです。
(写真3 ニュー・スカイライナーヘッドマーク)
ニュー・スカイライナーヘッドマーク

取り付けられた車両が、実際に走行している写真も飾られていました。
(写真4 ヘッドマークをつけたAE100形の写)
ヘッドマークをつけたAE100形の写真

このほかにも、京成電鉄の記念切符や車両のパンフレットなども、きれいに並べられています。
(写真5 保存されている記念切符など)
保存されている記念切符など

さらに、「スカイライナーの方向幕」や、成田空港と羽田空港間を京成線-都営浅草線-京急線で直結した際のプレートもありました。
(写真6 スカイライナーの方向幕)
スカイライナーの方向幕
(写真7 成田空港-羽田空港 直結)
成田空港-羽田空港

このような感じで、車内の一部ではあるものの、展示コーナーはかなり充実していました。とても、楽しい時間でしたが、いよいよお別れの時間がやってきてしまい車両から出ることになりました。
なお、このAE61の台車は、3400形に再利用されているため、仮のKS-116型という台車になっています。
(写真8 仮のKS-116型の台車)
仮のKS-116型の台車

車両を降りると、案内してくださった職員さんにヘルメットをお返しし、丁重にお礼のご挨拶をしてお別れとなりました。
ちなみに、担当の方は、親子2代京成電鉄の職員さん(どこかの会社でも聞いたような・・・。)とのことで、昔のことにも詳しく、いろいろなことをとても親切に教えてくださいました。本当にありがとうございました。

そして、管轄外とおっしゃっていましたが、施設部の車両を写真に収めて、工場見学は終了しました。
(写真9 施設部の車両)
施設部の車両

この工場見学では、見学の記念品として、歴代スカイライナーの下敷きと、それを入れるためのAE100形が描かれた袋までいただきました。
(写真10 見学記念品の下敷き)
見学記念品の下敷き


なんと、12回ににも渡って、工場見学の話題を記事にしましたが、それだけ内容が濃く楽しいものでした。
リス丸さんに、とてもすばらしい機会をつくっていただき、感謝しています。

工場見学の話題は、これで終わりますが、リス丸さん(たち)と延長して、京成電鉄を楽しんできましたので、タイトルを変えて(カテゴリーは一緒にします。)2回ほど、その話を記事にしたいと思います。
関連記事
コメント
コメント
とても印象に残り楽しかったです
リス丸 様
この工場見学はもちろんのこと、いつも、いろいろとありがとうございます。
数時間の出来事を、まさか12回にもわたって書くとは当初思っていませんでしたが、それだけ内容が濃く、印象に残ることも多くて、楽しかったということになります。本当にありがとうございました。
ここで、また京急のテレビ番組の記事を一つ入れますが、AE100形シティライナーの話も2回に分けて書かせていただきます。引き続き、この話題でお世話になります。
2012/06/05(火) 06:10:08 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
貴重な資料
長期に渡って、宗吾車両基地を一緒に楽しむことが出来て、本当に嬉しく思います
拝見する度に、あの時のことを凄くリアルに感じられました
私は敢えて、自分のお気に入りポイントだけを記載しましたが、こちらでは、見学全体の流れを順を追って、きれいにまとめられているので、この先も貴重な資料になりますね!
こちらこそ、お陰様でとても思い出深いものとなった事に感謝しております☆
今後も続く、京成電鉄の記事は勿論、その他もいろいろ楽しみしています
2012/06/04(月) 23:33:02 | URL | リス丸 #uXGNHuLQ [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する