にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京急ファミリー鉄道フェスタ2012のレポートは、「京急こども鉄道クイズ大会」の話題の続きからです。
(写真1 ファミリー鉄道フェスタ 車両撮影コーナー遠方から)
京急ファミリー鉄道フェスタ2012 車両撮影コーナー遠方から

クイズ大会にお約束の姿で現れた京急職員さんの手には、なぜか、銚子電鉄のぬれ煎餅の袋が・・・。どうもクイズ大会の賞品だったようです。
クイズの前に、京急のマスコットキャラクター「けいきゅん」の紹介に時間をかけて、いよいよ問題が出されます。午前・午後の部の2回ありましたが、そこからいくつかご紹介します。

まず、その一つに、京浜急行電鉄は、大師電気鉄道と湘南電気鉄道が一緒になったことと、湘南電気鉄道の路線に
関する問題です。
答えは、車両撮影コーナーの手前にある保存車両にあって、後の230形、湘南電気鉄道デ1形の行先案内板にも書かれている「浦賀-黄金町」というものでした。
(写真2 湘南電気鉄道 デ1形復元車両 行先案内板)
湘南電気鉄道 デ1形復元車両 行先案内板

このほかには、車両や枕木の重さのこと、新しく開業した駅として羽田空港に関する駅など、お子さん向けに選んだ問題を解説しながら盛り上げていっていました。

また、このクイズ大会のきっかけともなった「ほこ×たて」の話題にも触れていましたが、なんと、小田急社員代表として出演された濱崎さんが訪れていて、名刺交換をしたということも紹介されていました。(小田急の濱崎さんについては、次回記事でもご紹介します。)

私の方も、番組をご覧いただいて楽しんでくださった多くの方々から、声をかけていただいたり、お子さんとの記念撮影もしていただくなど、すてきな交流ができて、とても嬉しかったです。
フェスに行ったら、(私に)必ず会えるのではということで、メッセージ入りの絵を描いて持ってきてくださったお子さん(ご家族)にも出会いました。こちらこそ、本当にありがとうございます。
(写真3 お子さんからいただいた絵のご紹介)
お子さんからいただいた絵のご紹介
※お名前と地域の書かれた部分は、プライバシー保護のためモザイク処理をしています。

クイズ大会1回目の後は、ポポンデッタ・シナガワグース店開店以来で番組出演者4名が揃い、ご挨拶となりました。ここでは書けない驚きの情報もありました・・・。

さて、話題は次に流れていきますが、ここでも「けいきゅん」は大人気で移動も大変です。
(写真4 大人気のマスコット「けいきゅん」)
大人気のマスコット「けいきゅん」

ここから、主工場の裏側付近へ向かう通路には、施設部の車両が、入れない奥の方までたくさん並んでいました。
(写真5 施設部の車両)
施設部の車両

行き止まりを曲がったあたりには、制御機器が積み上げられていたりしました。
(写真6 三菱製の制御機器)
三菱製の制御機器

この先には、「京急電車車両部品販売コーナー」があって、とても多くの方が順番を待っていました。
ここで、京急の(別の)職員さんに、「部品を買っていかないの?」と声をかけていただきましたが、あまり人の多さに断念して、後ほどもう一度様子を見に来るとお伝えしました。

ここをさらに進んでいくと、方向幕実演コーナーがあのですが、そのうちの2431編成には、ブルーリボン賞受賞を記念するプレートが掛けてありました。
(写真7 方向幕実演コーナーの2431編成)
方向幕実演コーナーの2431編成

方向幕実演コーナーでは、2431編成のほかに、1033編成、2101編成の、3編成が並んでいました。
(写真8 方向幕実演コーナーの車両3編成)
方向幕実演コーナーの車両3編成

そして、車両撮影コーナーの反対側の「非常脱出ハシゴ展示」は、新1000形ステンレス車でした。
(写真9 非常脱出ハシゴ展示 新1000形ステンレス車)
非常脱出ハシゴ展示 新1000形ステンレス車

この位置から右方向には、「信号機操作体験」コーナー(小学生以下対象)が見えます。
(写真10 信号機操作体験コーナー)
信号機操作体験コーナー

とにかく、盛りだくさんな内容ですが、次回は物販コーナーや主工場の話題へと進んでいく予定です。

[2012/05/30 追記]
京急ファミリー鉄道フェスタ2012の様子については、
京急ファミリー鉄道フェスタ2012 レポート(3)
http://pandaneko1.blog120.fc2.com/blog-entry-656.html
へ、続いています。
関連記事
コメント
コメント
実物の迫力を感じながら
ケロ 様
コメントありがとうございます。少し間も開いてしまったので、近いうちにお会いできればと思っています。
さて、京急の鉄道フェスタですが、車両や保安設備などの実物の迫力を感じたり、仕組みなどを学びながら楽しむことができるのは、とてもすてきなことだと思います。
また、京急とはいっても、鉄道として各社共通の部分も多いので、“鉄道・バス好き”という大きなくくりで、楽しめるのではないかとも思います。
それから、クイズ形式は、たくさんの番組が放送されているように、大人になっても面白いものですが、子供さんにとってもワクワクするものかなと・・・。長男くんだと年齢的にも内容を把握できるので、楽しんでもらえたことは嬉しいです。お子さんたちにも、よろしくお伝えください。
ケロさんのお子さんたちは、これから小学生になっていくので、限定のイベントも一緒に参加できるようになるため、楽しみですね!機会がありましたら、京急のフェスタにも、ぜひともお越しください。
2012/05/29(火) 09:37:51 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
ごぶさたしております。
ぱんだねこさん
こんばんは。ケロです。
ファミリーフェスタ、
とても楽しそうですね~。
これは京急ファンの人たちだけでなく
ちびっこも楽しめそうですね!
ウチの長男くんは今だに
「ほこたて」の京急対決がツボ
だったらしく、よく言ってますよ!
「ぱんだねこさん すごかったね~」
って(^ ^)
続きの記事も楽しみにしてまーす。
2012/05/29(火) 00:35:15 | URL | ケロ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する