にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と名古屋(愛知県)を、東海道線の普通列車(別料金のかからない新快速を含む)のみで日帰り往復した記録の14回目・最終回です。

熱田神宮からもどってきて、名古屋駅に向かう前に、神宮前駅で少し名鉄の車両を見ることにしました。
はじめは、6000系です。個人的に、名鉄で一番印象的な車両です。
(写真1 名鉄6000系)
名鉄6000系

つづいては、銀色の3300系です。“岐阜市信長公450プロジェクト”として、ラッピングが施されています。※2017年11月12日まで
(写真2 名鉄3300系)
名鉄3300系

赤と銀の両方を連結した編成もやってきます。3150系と3500系でした。
(写真3 名鉄3150系と3500系)
名鉄3150系と3500系

また、赤い電車同士のすれ違いは、6500系と6800系です。
(写真4 名鉄6500系と6800系)
名鉄6500系と6800系

このほか、特急電車も魅力的です。白い部分が目立つ配色のひとつ、1200系 パノラマsuperです。
塗装については、どれも京浜急行と似たようなイメージがあります。
(写真5 名鉄1200系 パノラマsuper)
名鉄1200系 パノラマsuper

そして、ひときわ目立つのは、青い2000系 ミュースカイです。
バックに、日本車両本社の看板も見ることができます。
(写真6 名鉄2000系 ミュースカイ)
名鉄2000系 ミュースカイ

短い時間で、すべての形式を網羅できませんでしたけれど、たくさんの車両が来ますので、楽しむことができました。
普通列車で横浜→名古屋は、この名古屋鉄道で最終回となります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する