にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の7回目です。

はじめは、JR山手線や東急線・京王井の頭線など“渋谷駅”を再現した「成立学園中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
“スクランブル交差点に併用軌道を求める”というタイトルが付いていて、モジュールとして列車が通過することをうまく利用しています。
(写真1 成立学園中学校・高等学校 鉄道研究部)
成立学園中学校・高等学校 鉄道研究部

ハチ公像の近くにある東急旧5000系もあります。
(写真2 ハチ公前の東急旧5000系)
ハチ公前の東急旧5000系

また、東急東横線から東京メトロ副都心線・西武線方面や、東急田園都市線から東京メトロ半蔵門線・東武東上線方面への地下ホームも、それぞれ作られています。
(写真3 東京メトロ副都心線へ直通の地下ホーム)
東京メトロ副都心線へ直通の地下ホーム

つぎは、“長岡花火物語”というタイトルの「長岡工業高等専門学校 模型同好会」の作品です。
長岡大花火大会をモチーフに、きれいな川の流れなどが印象的なモジュールです。
(写真4 長岡工業高等専門学校 模型同好会)
長岡工業高等専門学校 模型同好会

つづいては、“芸備線烏帽子橋梁”をモデルにした「海陽中等教育学校 鉄道同好会」の作品です。
岩肌や木々、そして川の流れなど、すてきな景色を表現しています。
(写真5 海陽中等教育学校 鉄道同好会)
海陽中等教育学校 鉄道同好会

4校目は、“学校の周辺”をモジュールにした「芝浦工業大学柏中学高等学校 鉄道研究サークル」の作品です。
学校までは、東武バスを利用するか、たくさんのバスもあります。環境の整った感じをアピールできているように思います。
(写真6 芝浦工業大学柏中学高等学校 鉄道研究サークル)
芝浦工業大学柏中学高等学校 鉄道研究サークル

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する