にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
鉄道模型の車両ケースに使用する交換用のウレタンやケースは、キャスコ(CASCO)がメジャーですが、TORM. シリーズとしても交換用ウレタンが数種類登場しています。
今回は、その中から最近再販された12両用で、21m級の一部まで収納できるものをご紹介します。
(写真1 TORM. TU-505A/B 車両収納PEフォーム 12両用 21m級)
TORM. TU-505B 車両収納PEフォーム 12両用 21m級

これまで、12両のウレタンというと、簡単に曲がってきれいに収納できないイメージがありました。
しかし、TORM. シリーズも、キャスコ製品も、条件にもよりますけれど、かなりよくなっています。

まずは、ライトグレーで、KATO 205系山手線11両編成を収納を収納してみました。
(写真2 ライトグレー 2枚入)
ライトグレー 2枚入

つづいて、ダークグレーで、TOMIX E217系4次車・更新車(横須賀線・総武快速線など)の基本編成11を収納しました。
(写真3 ダークグレー 2枚入)
ダークグレー 2枚入

ウレタンには、ミシン目があり、20m級車両以外にも、それより短い車両や21m級の一部にも対応しています。
(写真4 車両収納PEフォームのミシン目)
車両収納PEフォームのミシン目

そして、先ほど収納見本で、ライトグレーはKATOのケースに、ダークグレーはTOMIXのケースを使っていますが、やはりミシン目からフォームの一部を切り離すなどして、サイズを調整することができます。
(写真5 ミシン目から切り離してサイズや車両数を調整)
ミシン目から切り離してサイズや車両数を調整

なお、今回も、ダークグレーはかなり人気で、すでに売り切れの店舗が出てきています。
12両までがきれいに収まると、ケースの数を減らせるのでとても便利で助かります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する