にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月18日(金)~20日(日)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された「第18回 国際鉄道模型コンベンション」(JAM)から、モデラー出展のつづき2回目です。

今回は、「チームおやびん」の皆さんの作品です。
おとなりで展示されていたことから、今年は、何度もじっくりと見ることができました。
(写真1 チームおやびんの出展から)
チームおやびんの出展から

テーマは、小田急の旧型車両で、地方鉄道に譲渡された車両など、たくさん並びます。
(写真2 テーマは小田急)
テーマは小田急

なかには、架線柱が立てられている作品もあって、完成度の高い車両が、より格好よく見えます。
(写真3 架線柱付きの展示)
架線柱付きの展示

どれも、すてきな車両ですが、黄色で目立つ、近江鉄道モハ203形をピックアップしてみました。
(写真4 近江鉄道モハ203形)
近江鉄道モハ203形

なお、作品はテーマの小田急関連だけではなく、JR東海の東海道線などで活躍する車両などもありました。
(写真5 JR東海の車両)
JR東海の車両

さらに、しずてつは、新旧並んでの展示でした。
(写真6 静岡鉄道の車両)
静岡鉄道の車両

第18回 国際鉄道模型コンベンション・モデラー出展の紹介は続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する