にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月26日(土)に、東京都品川区にあるJR東日本の東京総合車両センターにて、夏休みフェア2017が開催されました。
このイベントの様子を記録している続きの4回目です。

たくさん製造されているE233系の中でも、東京メトロ千代田線や小田急線に乗り入れることから、幅広ではなく、209系0番台をイメージするようなE233系2000番台の先頭車両が1両で展示されていました。
(写真1 E233系2000番台)
E233系2000番台

側面からも見ても、とても美しいスタイルです。
(写真2 E233系2000番台 側面)
E233系2000番台 側面

E233系2000番台の近くには、イベントではなじみのある黄色い運搬車(ノントラ)もお供します。
(写真3 車両移動用の運搬車)
車両移動用の運搬車

そして、これらの先に見えていたのは、トラバーサーです。
また、この奥では、中央線のE233系を使用した車掌体験が行われていました。
ちなみに、トラバーサーというと、京急の久里浜工場のイメージが強いのは不思議なものです。
(写真4 トラバーサーとE233系の車掌体験)
トラバーサーとE233系の車掌体験

さらに、この場所に向かう途中には、カーテン越しにぼんやりと見えるE231系0番台もいい感じでした。
(写真5 E231系0番台)
E231系0番台

ここで、ぐるっと回ってきて、先ほどのE233系2000番台の並びになりますが、台車組立作業実演が行われていました。
(写真6 台車組立作業実演の案内)
台車組立作業実演の案内

大きなクレーンが動き、上の方で操作している様子が見えます。
(写真7 台車組立作業実演の様子)
台車組立作業実演の様子

台車の展示の展示もあり、構造がよくわかります。
(写真8 台車の展示)
台車の展示

東京総合車両センター 夏休みフェア2017の話題は、あと1~2回くらいでまとめる予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する