にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月26日(土)に、東京都品川区にあるJR東日本の東京総合車両センターにて、夏休みフェア2017が開催されました。
このイベントの様子を記録している続きの3回目です。

今回は、車両前面モックアップの記念撮影コーナーからです。
JR東日本ではすでに引退している201系のモックアップで、方向幕のライトも点灯します。
(写真1 201系の方向幕とモックアップ)
201系の方向幕とモックアップ

そして、横浜線の方向幕は、ヘッドマークと一緒に展示されていました。
こちらは、今年、バックのライト点灯はしていませんでした。
(写真2 方向幕とヘッドマーク)
方向幕とヘッドマーク

ヘッドマーク/行先方向幕/車両形式・番号などが並んでいます。
(写真3 ヘッドマークや車両番号の展示)
ヘッドマークや車両番号の展示

さて、工場内を移動していきますと、バッテリー式構内搬送車“エレトラック”がありました。
デザインがかわいらしく、一度運転してみたいと思いました。
(写真4 バッテリー式構内搬送車 エレトラック)
バッテリー式構内搬送車 エレトラック

そして、主電動機のコーナーへと進みます。
いつものように、各形式で使われているモーターが展示されています。
(写真5 主電動機)
主電動機

主電動機の構造がわかるようにしたものもあります。
(写真6 主電動機の構造)
主電動機の構造

このエリアでは、主電動機をテーマにした製作物の展示がありますが、なかでも、 スイカのペンギンと動く模型は、いつも面白いと思っています。
(写真7 スイカのペンギンと主電動機の模型)
スイカのペンギンと主電動機の模型

あと、鉄道模型が走行しているように見えましたが、近くで見るとNゲージの線路を利用して走行する“ナノゲージ”でした。
場所がかわると、印象がずいぶんと変わるものだと感じました。
(写真8 ナノブック)
ナノブック

東京総合車両センター 夏休みフェア2017の話題は、もう少し続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する