にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
本日(2017年8月26日)、東京都品川区にあるJR東日本の東京総合車両センターにて、夏休みフェア2017が開催されました。
今年も、国際鉄道模型コンベンションと日程が重ならなかったため行くことができました。
(写真1 東京総合車両センター 夏休みフェア2017)
東京総合車両センター 夏休みフェア2017

まずは、30年を記念して、豪華な並びとなった展示車両です。
EF65電気機関車は出雲のヘッドマークを、また、EF81電気機関車は日章旗を掲げての展示です。
(写真2 車両展示)
車両展示

そして、鶴見線でJRになってからも活躍したクモハ12形と、事業用車(牽引車)の143系です。
(写真3 クモハ12・クモヤ143 ほか)
クモハ12・クモヤ143 ほか

メインのコーナー以外には、軌道モーターカーなども見られました。
(写真4 軌道モーターカー ほか)
軌道モーターカー ほか

さらに、その奥の方には、東京メトロ千代田線や小田急線に乗り入れるE233系2000番台の姿もあります。
(写真5 E233系2000番台)
E233系2000番台

建物内からは、ちょっとちがう角度から、展示車両を見ることもできました。
(写真6 建物内から見た展示車両)
建物内から見た展示車両

このほか、入場中の車両として、中央・総武緩行線用に色が変えられたE231系500番台もとまっています。
(写真7 E231系500番台 ほか)
E231系500番台 ほか

同じく、中央線快速用のE233系0番台も、連結面などを見ることができました。
(写真8 E233系0番台 ほか)
E233系0番台 ほか

東京総合車両センター 夏休みフェア2017 の話題は続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する