にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月18日(金)~20日(日)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された「第18回 国際鉄道模型コンベンション」(JAM)では、自らが出展している関係で、これまで他の様子を、ほとんど見ることができませんでした。
しかし、今年は、モデラー出展について、近いところを中心に、写真を撮ることができましたので、一部ではありますが、ご紹介していきたいと思います。

今回は、通路を挟んで、2つ先で出展されていた「海でん☆やま電」さんの作品で、箱根登山鉄道をテーマにした“やま電”の皆さんの作品です。
まずは、新たに、車庫に照明がついた入生田検車区です。
小田急のロマンスカー・50000形(VSE)との並びも、すてきなシーンです。
(写真1 入生田検車区)
入生田検車区

つぎは、上から見下ろした塔ノ沢駅です。上空からの本物の場所かと錯覚するくらいの作り込みです。
(写真2 塔ノ沢駅)
塔ノ沢駅

つづいては、出山の鉄橋(早川橋梁)のシーンを、真上から撮影したものです。
山と川のバランスが絶妙で、有名なスポットを再現しています。
(写真3 早川橋梁)
出山の鉄橋

出山の鉄橋を渡ると、さらに高い位置にある出山信号場になります。
スイッチバックで、列車交換が行われる様子は、楽しいと思います。
(写真4 出山信号場)
出山信号場

そして、大平台駅は、モジュール全体を納めてみました。
(写真5 大平台駅)
大平台駅

階段を上がって駅を出ると、駅前は観光シーズンで賑わう国道1号線です。
(写真6 大平台駅と国道1号線)
大平台駅と国道1号線

どのシーンも完成度がが高く、何度見てもあきることはありません。

第18回 国際鉄道模型コンベンション・モデラー出展の紹介は続きます。
また、鉄道模型コンテストや、旅の話題も、順次掲載していく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する