にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と小出(新潟県)を、高崎線・上越線などの普通列車のみで日帰り往復した記録の14回目です。

只見線が来るまでに時間がありますので、小出駅の中や周辺を見ていくことにします。
(写真1 小出駅の保線車両)
小出駅の保線車両

只見線のホームにそばには、保線車両がとまっていますが、背後の川や残雪の山々など、特別な存在を感じさせます。
(写真2 保線車両と駅名標)
保線車両と駅名標

小出駅の上越線ホーには、待合室があり、新潟県の名産品を案内しています。
(写真3 上越線ホームの待合室)
上越線ホームの待合室

このほか、只見線のホームから見る上越線のホームや駅舎などもすてきです。
(写真4 只見線ホームから見る小出駅)
只見線ホームから見る小出駅

つづいて、小出駅を改札外からも見てみます。
平屋の駅舎ではありますが、きれいで、すっきりとしたデザインです。
(写真5 小出駅 平屋の駅舎)
小出駅 平屋の駅舎

“小出駅”の駅名板は、“俳優 渡辺 謙 書”と添え書きがあります。
ここ、新潟県魚沼市の出身なんだそうです。
(写真6 駅名板)
駅名板

そして、観光客の姿は、この日あまり見かけませんでしたけれど、“駅から観光マップ”もあり、大きな周辺地図を含めて、観光案内をたくさん見かけます。
(写真7 駅から観光マップ)
駅から観光マップ

駅前には、住所を案内する“魚沼市小出旭町”の案内板もありました。
(写真8 小出旭町の地名案内)
小出旭町の地名案内

普通列車で横浜→小出は、いよいよ、只見線の車両となり最終回です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する