にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の2回目です。

はじめは、“銀山・ゆけむり物語”というタイトルの「奈良工業高等専門学校 機械研究会」の作品です。
山形県の銀山温泉をモデルにして作られたジオラマです。
(写真1 奈良工業高等専門学校 機械研究会)
奈良工業高等専門学校 機械研究会

高い位置にある駅もいい感じですし、湯けむりも実際に出るというこだわりの作品です。
(写真2 銀山・ゆけむり物語)
銀山・ゆけむり物語

どの位置から見てもすてきですが、旅館の作りや人々の配置などまで、本当にすばらしいと思います。
(写真3 旅館)
旅館

つぎは、“京成青砥駅”を再現した「聖学院中学校・高等学校 旅と鉄道部」の作品です。
京成線に、京急などとともに乗り入れてくる北総鉄道の車両が、イメージをふくらませます。
(写真4 聖学院中学校・高等学校 旅と鉄道部)
聖学院中学校・高等学校 旅と鉄道部

京成青砥駅の特徴ある高架の駅が、限られたスペースの中で表現されているほか、土手や高架下なども、細かく作られています。
(写真5 京成青砥駅)
京成青砥駅

つづいては、“上野駅”を表現した「駒場東邦高等学校 技術科」の作品です。
簡易な作りですが、常磐線のホームや、時代を感じさせる車両の配置で、上野駅の雰囲気を出しています。
(写真6 駒場東邦高等学校 技術科)
駒場東邦高等学校 技術科

鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門は、他の部門やほかの話題などを入れながら続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する