にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
列車の発車順や時刻を表示する案内のうち、“パタパタ”などと呼ばれている昔からの装置が、京浜急行電鉄の京急川崎駅では現役で活躍しています。
(写真1 京急川崎駅の通称“パタパタ式”の列車案内)
京急川崎駅の通称“パタパタ式”の列車案内

かつては、空港(飛行機)などのほか、京急の主要な駅のホームに設置されていましたが、LEDなどの新しいものと交換されて、今ではほとんど見なくなりました。
しかし、京急川崎駅では、上り、下り線の各ホームに、2つずつ残っていて、案内を続けています。
(写真2 京急川崎駅上り線ホームの列車発車案内)
京急川崎駅上り線ホームの列車発車案内

時代を感じるものですが、外国語表示ができない以外は、そんなに不便を感じるようなことはないと思います。
ただ、上部の停車駅の案内は、種別や表示方法などがかわり、昔とはイメージが変わっています。

古い機器は、メンテナンスなども大変だと思いますが、まだまだ、活躍してほしいものです。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する