にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と長野/桐原(長野県)を、中央線などの普通列車のみで日帰り往復した記録の9回目です。

姨捨駅は、行きも帰りも、今回はE127系です。
前回訪問時は、E127系がまだ登場する前で115系でした。
(写真1 篠ノ井線姨捨駅とE127系")
篠ノ井線姨捨駅とE127系

姨捨駅といえば、景色だけでなく、スイッチバックも見所の一つです。
E127系では、これまでに見たことのない操作で、あっという間に方向を変えます。
(写真2 スイッチバックの操作)
スイッチバックの操作

また、スイッチバックなどを行うため、線路の配線もかわっています。
(写真3 姨捨駅方面への配線)
姨捨駅方面への配線

駅側からだと、カーブのためあまりよく見えません・・・。
(写真4 駅側から配線)
駅側から配線

さて、きれいになった駅舎も記録しておきたいと思います。
(写真5 姨捨駅の駅舎)
姨捨駅の駅舎

“くつろぎの駅”の看板も掛かっていますが、まさに、その通りいう感じです。
(写真6 くつろぎの駅の看板)
くつろぎの駅の看板

また、ホームのベンチは、一般的なものと反対向きになっていて、景色をのんびり見られるように配慮されています。
(写真7 ベンチの向き)
ベンチの向き

スイッチバックを表現した駅名標もおもしろいと思います。
(写真8 姨捨駅の駅名標)
姨捨駅の駅名標

次回の普通列車で横浜→長野は、姨捨駅をあとにして、篠ノ井方面へつづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する