にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と名古屋(愛知県)を、東海道線の普通列車(別料金のかからない新快速を含む)のみで日帰り往復した記録の10回目です。

丸の内駅からは、桜通線で2駅目の名古屋駅へもどります。
(写真1 名古屋市営地下鉄桜通線 ドア上部のLCD)
名古屋市営地下鉄桜通線 ドア上部のLCD

名古屋駅では、桜通線の6050形を撮影です。
(写真2 名古屋市営地下鉄桜通線6050形)
名古屋市営地下鉄桜通線6050形

ホームには、列車先頭の乗務員方向にモニターがあるのに気がつきました。
(写真3 名古屋駅のモニター)
名古屋駅のモニター

中村区役所ゆきの列車見送り、名鉄線方面へ向かいます。
(写真4 側面の行先と桜通線の表示)
側面の行先と桜通線の表示

関東では、東急電鉄がローソン、また、京急電鉄はセブン-イレブンなどのコンビニエンスストアが駅にありますけれど、さすが名古屋は、地元のサークルKがありました。
しかし、サークルK・サンクスは、順次ファミリーマートになるとのことで、ここもかわってしまうのでしょうか・・・。
(写真5 駅構内のサークルK)
駅構内のサークルK

そして、名鉄線の改札が近づくと、大きな路線図の看板がありました。
ここは、人通りが多く、撮影するのに一瞬のタイミングを狙いました。
(写真6 名鉄名古屋駅北口の路線図)
名鉄名古屋駅北口の路線図

さらに、名鉄線の改札を入ると、ポケット時刻表が置かれている列車案内を見て、ホームに向かいます。
(写真7 列車案内とポケット時刻表)
列車案内とポケット時刻表

ここで、何本か見送って、熱田神宮駅を目指します。
(写真8 名鉄名古屋駅のホーム)
名鉄名古屋駅のホーム

次回の「普通列車で横浜→名古屋」は、名古屋鉄道(名鉄線)の名古屋駅のつづきからです。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する