にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年5月28日(日)に京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2017」からの4回目です。

前回の記事で、2年続いた鉄道模型の実演がなくなたことを書きましたけれど、特修工場の裏側で、ほかにも、そっと消えていったイベントがいくつかあります。
それは、SUPER BELL''Zのトークショー(2013年)や、クイズ大会(2015年まで)で、昨年からは、キャラクターが集合するイベントになりました。
今年は、同じ場所で、埼玉県川口市の青木町公園から、里帰りする230形・236号の引継式も行われました。
(写真1 230形記念式典 236号引継式会場)
230形記念式典 236号引継式会場

そのとなりは、大きな変化はなく、京急リムジンバスや川崎鶴見臨港バスの展示が行われました。
なお、京浜急行バスは、レトロ調バスの“京急りんどう号”、臨港バスは、浜川崎営業所に所属の車両でした。
(写真2 バス展示 川崎鶴見臨港バスほか)
バス展示 川崎鶴見臨港バスほか

一方、ステージ正面付近では、こちらも継続している軌道補修作業実演が行われました。
(写真3 特殊車両展示・軌道補修作業実演)
特殊車両展示・軌道補修作業実演

マルチプルタイタンパーを使用した実演です。
(写真4 軌道補修作業実演より)
軌道補修作業実演より

セットで活躍するバラストフィニッシャーも控えています。
(写真5 バラストフィニッシャー)
バラストフィニッシャー

このほか、特殊車両展示として、架線作業車やクレーン付延線巻取車(軌陸兼用作業車)もあり、前者は、架線作業車乗車体験としてお子さんたちが高い位置からの眺めを楽しんでいました。
(写真6 架線作業車)
架線作業車

ちなみに、特殊車両もずらりと並ぶと、かなり格好いいと思います。
(写真7 特殊車両展示)
特殊車両展示

反対側の奥には、地味ながら、レール運搬車両も、いつもどおりありました。
(写真8 レール運搬車両)
レール運搬車両

京急ファミリー鉄道フェスタ2017の話題は、もう少し続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する