にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年5月28日(日)に京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2017」からの3回目です。

今回は、特修工場で更新中の新1000形アルミ車などです。
“ここ”と言わんばかりに、赤丸になっているところが注目のポイントの一つです。
(写真1 特修工場の見学コーナー)
特修工場の見学コーナー

このほかに、窓も開閉するようになるようで、2段になっいます。
(写真2 特修工場の新1000形アルミ車の更新)
特修工場の新1000形アルミ車の更新

車体の骨格を見られるのも、このコーナーならではです。
(写真3 更新中の新1000形アルミ車の車内)
更新中の新1000形アルミ車の車内

特修工場に、1両ずつにされた車両が並びます。
(写真4 特修工場に並ぶ車両)
特修工場に並ぶ車両

そして、特修工場と主工場の間には、すっかりおなじみとなったトラバーサーがあります。
(写真5 トラバーサー)
トラバーサー

トラバーサーが移動するところは、今回も休憩スペースとして利用されていました。
(写真6 休憩スペース)
休憩スペース

それから、前回、特修工場内に、秘密のスペースのように登場した任意団体による鉄道模型のコーナーは、今年は、プラレール広場にかわっていました。
少し前の公開情報からは、途中で変更されたような感じで、“プラレール広場”という名称なども含め、タカラトミーさんは、相変わらずやりますね(わかる方には察しがつくのでは)・・・といった感じです。
また、“KATOのレール”がいけなかったのかと(さすがに関係ないと思いますが)、皮肉りたくなるところです。
そうとはいえ、主役のお子さんにとっては、鉄道模型でも、プラレールでも、とても楽しい空間だと思います。
(写真7 プラレール広場)
プラレール広場

さて、色味がない車両ばかりとなってしまったので、主工場内の新1000形ステンレス車です。
(写真8 主工場内の新1000形ステンレス車)
主工場内の新1000形ステンレス車

京急ファミリー鉄道フェスタ2017の話題は、さらに続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する