にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年5月28日(日)に京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2017」からの2回目です。

今回は、主工場内の「側面表示器操作体験」コーナーからです。
(写真1 京急ファミリー鉄道フェスタ2017 主工場より)
京急ファミリー鉄道フェスタ2017 主工場より

フルカラーのLED表示器から方向幕まで、たくさん用意されていて、多くの人が体験できるようになっていました。
(写真2 側面表示器体験コーナー)
側面表示器体験コーナー

コーナーの名称は、“側面”となっていますが、前面の表示器も用意されています。
※旧1000形の側面表示器もあり、写真はTwitterにアップしています。
(写真3 800形の表示器など)
800形の表示器など

また、800形については、車体も含めた前面部分の展示・体験もあります。
(写真4 800形の前面を表現した体験コーナー)
800形の前面を表現した体験コーナー

さらに、の表示器を裏側から見られるようにしたのも面白いと思います。
(写真5 種別幕などの表示器を裏側から)
種別幕などの表示器を裏側から

そして、表示が変わる様子なども間近でみることができます。
(写真6 エアポート快特 上野 表示)
エアポート快特 上野 表示

京成線内や北総線内の駅名などとの組み合わせで、通常の運行では表示されないものを楽しむことができます。
(写真7 Wing号 印旛日本医大 表示)
Wing号 印旛日本医大 表示

LED表示器は、幕式などとくらべると見やすさは劣りますが、そのかわりに、多彩な表示ができるところが便利だと思います。
(写真8 正面運行LED表示器・けいきゅんの表示など)
正面運行LED表示器・けいきゅんの表示など

京急ファミリー鉄道フェスタ2017の話題は、さらに続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する