にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年5月28日(日)に京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2017」からの1回目です。

今年は、とても天候がよく、きれいになった旧1000形が、より美しく見えました。
(写真1 京急ファミリー鉄道フェスタ2017 より)
京急ファミリー鉄道フェスタ2017 より

側面が見える斜め方向からも、旧1000形がまるで現役車両のようです。
(写真2 旧1000形撮影コーナー)
旧1000形撮影コーナー

そして、800形もリバイバル塗装が、少し前の時代を思い起こしてくれます。
(写真3 800形リバイバル塗装車両展示)
800形リバイバル塗装車両展示

このイベントでは、現在のように“京急”がつかない「川崎」の表示などを出し、より雰囲気を出しています。
なお、最後は、方向・種別幕の表示なしとなりました。
(写真4 最後は方向・種別幕の表示なし)
最後は方向・種別幕の表示なし

同じエリアには、新1000形ステンレス車が2編成並んでいました。
(写真5 新1000形ステンレス車)
新1000形ステンレス車

うち、1編成は運転台撮影コーナーとなっていました。
(写真6 運転台撮影コーナー)
運転台撮影コーナー

さらに、その隣には、ひっそりと1500形の姿もありました。
(写真7 1500形)
1500形

昔を思い出させる車両としては、 デ51形・デ1形の復元車両も、いつまでもきれいです。
(写真8 保存車両展示 デ51形・デ1形復元車両)
保存車両展示 デ51形・デ1形復元車両

京急ファミリー鉄道フェスタ2017の話題は続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する