にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
旧・田町車両センター(跡地)再開発工事は、思っている以上に景色の変化が早く感じられる2017年5月中旬の進捗状況です。

今回は、高崎線直通・上野東京ライン(東海道線)の車内からです。
(写真1 旧・田町車両センター再開発の進捗 2017年5月中旬)
旧・田町車両センター再開発の進捗 2017年5月中旬

前回の関連記事から1ヶ月経っていませんが、どんどん変化しています。
(写真2 品川駅付近の様子と京浜急行の車両)
品川駅付近の様子と京浜急行の車両

工事の進み具合により、使用される車両なども次々とかわります。
(写真3 大きな筒状のものとクレーン車)
大きな筒状のものとクレーン車

前回も書きましたが、更地のような場所は、ほとんどなくなっています。
(写真4 わずかに残る更地のような場所)
わずかに残る更地のような場所

地下部分を作っていると思われる場所も目立ってきました。
(写真5 大きな穴が開けられている場所)
大きな穴が開けられている場所

はじめに大きく開いていた都営浅草線・京急線 泉岳寺駅付近では、下を固めたところに、鉄筋のようなものが多く見られます。
(写真6 もとから大規模に工事が行われていたところ)
もとから大規模に工事が行われていたところ

地下部分だけではなく、地上の工作物もかなり多くなってきました。
3週間くらいの間に、写真にある柱のようなものが、一挙に増えていました。
(写真7 次々と増える地上の工作物)
次々と増える地上の工作物

田町駅にちかいところも、さらに、工事が進んでいます。
(写真8 田町駅方面も工事が進む様子)
田町駅方面も工事が進む様子

追いついていけるか心配なくらい、変化が早くなっていますが、可能な限り記録をとっていきたいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する