にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と小出(新潟県)を、高崎線・上越線などの普通列車のみで日帰り往復した記録の8回目です。

新清水トンネル内の土合駅(下り)を出発して、ひたすら長かったトンネルを抜けると、とてもきれいな雪景色が広がります。
(写真1 新清水トンネルを土樽駅方面に出た景色)
新清水トンネルを土樽駅方面に出た景色

振り返ると、新清水トンネルの出口が見えます。
(写真2 新清水トンネルの出口)
新清水トンネルの出口

そして、まもなく土樽駅に到着します。
(写真3 土樽駅の駅名標)
土樽駅の駅名標

土樽駅の駅舎も小さく、静かな感じです。
(写真4 JR上越線土樽駅)
JR上越線土樽駅

土樽駅を出てからも、なんともいえない絶景です。
(写真5 土樽駅付近越後中里駅方面の景色)
土樽駅付近越後中里駅方面の景色

しかし、すぐに、松川トンネル(上り線はループになっている)になり、景色は見られなくなります。
列車内からは、真っ暗な様子しか記録に残せませんので、大宮(JR東日本)の鉄道博物館にある模型の写真を参考に掲載します。
※この写真は、リンクしていただいている「マルーン登場時」のリス丸さんに、ご一緒していただいたときのものです。
(写真6 松川ループ 鉄道博物館の展示より)
松川ループ 鉄道博物館の展示より

トンネルを再び出ますと、こちらも雪解け水が流れるすてきな光景が待っています。
(写真7 越後中里駅付近の景色)
越後中里駅付近の景色

上下線が合流して、越後中里駅に到着となります。
(写真8 JR上越線越後中里駅)
JR上越線越後中里駅

次回の普通列車で横浜→小出は、越後中里駅ちかくにたくさん並ぶ客車などを予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する