にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と長野/桐原(長野県)を、中央線などの普通列車のみで日帰り往復した記録の5回目です。

岡谷駅を出発後、みどり湖駅を経由して、塩尻駅に到着です。
ここでも、JR東海の列車と出会います。
(写真1 JR東海の車両 塩尻駅)
JR東海の車両 塩尻駅

駅のホームには、名産のワインの樽があります。
(写真2 塩尻駅ホームのワイン樽)
塩尻駅ホームのワイン樽

また、塩尻駅付近は、中央西線・支線・中央東線の中央本線が、合流・分岐します。
そして、ここから長野方面は、篠ノ井線となります。
(写真3 塩尻駅付近の分岐)
塩尻駅付近の分岐

塩尻駅を出発後は、篠ノ井線を3駅ほど行き、この列車の終点松本駅に到着です。
車内放送では、「中央線をご利用いただきありがとうございました。」と言っていました。
(写真4 松本駅)
松本駅

松本駅は、列車の起終点でもあるほか、松本車両センターが隣接しているため、たくさんの線路が見えます。
(写真5 松本駅から松本車両センターなど)
松本駅から松本車両センターなど

スーパーあずさ E351系がとまっていたりします。
(写真6 松本駅の特急列車)
松本駅の特急列車

また、飯田線への直通列車もあります。
(写真7 飯田線への直通列車)
飯田線への直通列車

ここからは、列車を乗り継ぎ、長野駅へ向かいます。
なお、乗車の普通列車より先に、“特急しなの”が発車していきました。
(写真8 先発の特急しなの)
先発の特急しなの

次回の普通列車で横浜→長野は、大糸線用のE127系に乗車して、篠ノ井線の篠ノ井駅(長野駅)方面へと続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する