にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
東海道新幹線に乗車したばかりで、かなりギャップがありますけれど、この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と名古屋(愛知県)を普通列車(別料金のかからない新快速を含む)のみで日帰り往復した記録の3回目です。

列車は、天竜川駅を経て、まもなく終点の浜松駅に到着です。
浜松駅では列車の分割が行われ、進行方向の編成が、そのまま豊橋駅ゆきに変わり、さらに名古屋方面へと向かいます。
※時間の関係で、遠州鉄道は見られませんでした。
(写真1 浜松駅の列車分割)
浜松駅の列車分割

浜松駅から2つ目の舞阪駅あたりから、浜名湖が見えてきて、次の、湖の島にある弁天島駅は、とても不思議な感じです。
浜名湖を通る列車からは、山側も海側も、また、昼の青い湖や夕日の湖と、魅力がたくさんあります。
写真は、帰路の日没前の浜名湖で、遠くに鳥居も見えています。
(写真2 弁天島駅付近 浜名湖)
弁天島駅付近 浜名湖

新居浜駅を過ぎると浜名湖とはお別れとなり、さらに、新所原駅では、大きな湖の周囲をぐるりとまわってきた“天竜浜名湖鉄道”と再会します。
(写真3 新所原駅と天竜浜名湖鉄道)
新所原駅と天竜浜名湖鉄道

その後、二川駅付近で新幹線とならび、終点の豊橋駅です。
(写真4 豊橋駅)
豊橋駅

豊橋駅では、新幹線に乗り換えができます。
(写真5 豊橋駅の新幹線)
豊橋駅の新幹線

このほか、JR飯田線や名鉄線(名古屋鉄道)、豊橋鉄道とも接続します。
(写真6 飯田線)
飯田線

見る機会の少ない311系も、豊橋駅では出会うことができました。
となりのホームにいたときに間に合わず、引き上げていってしまったのは、ちょっと残念でした。
(写真7 JR東海311系)
JR東海311系

さて、豊橋駅からは新快速(別料金なし)の大垣ゆきに乗車です。
いくつかの駅を過ぎると、名鉄蒲郡線とも接続する蒲郡駅です。
(写真8 名鉄蒲郡線)
名鉄蒲郡線

蒲郡駅を出ると、 岡崎(愛知環状鉄道接続)、安城、刈谷(名鉄三河線接続)、大府(JR武豊線接続)、金山駅(名鉄線、名古屋市営地下鉄接続)のみに停車して、名古屋駅へ到着します。

次回の普通列車で横浜→名古屋は、名古屋駅の予定です。なお、豊橋駅-名古屋駅間にある熱田駅(付近)については、名鉄線の神宮前駅(熱田神宮)として掲載を予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する