にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と名古屋(愛知県)を普通列車(別料金のかからない新快速を含む)のみで日帰り往復した記録の2回目です。

浜松駅ゆきに乗り換えて島田駅を出発すると、東海道線は景色がきれいな大井川を渡ります。吸い込まれそうな、長い鉄橋です。
(写真1 東海道線 大井川橋梁)
東海道線 大井川橋梁

大井川を渡りきると、大井川鐵道の線路が見えてきて、次の金谷駅まで一緒となります。
以前、元・近鉄の車両を横に見たときは、大井川との組み合わせがとてもすてきでした。
(写真2 大井川鐵道の線路)
大井川鉄道

そして、まもなく金谷駅に到着します。大井川鐵道は乗り換えです。
(写真3 金谷駅)
金谷駅

金谷駅からも、終点の浜松駅を目指してどんどん走ります。
途中、貨物列車とも、頻繁にすれ違います。
(写真4 すれ違う貨物列車)
すれ違う貨物列車

掛川駅では、東海道新幹線のほか、天竜浜名湖鉄道とも接続します。
(写真5 天竜浜名湖鉄道 掛川駅)
天竜浜名湖鉄道 掛川駅

天竜浜名湖線の看板が、美しい沿線をピーアールしています。
(写真6 天竜浜名湖線の看板)
天竜浜名湖線の看板

JR東日本エリアの東海道線と比べると本数は多くありませんが、それでも、対向列車と頻繁にすれ違います。
(写真7 東海道線の対向列車)
東海道線の対向列車

浜松駅が近づいてくると、一つ前の天竜川駅手前で、天竜川を渡ります。こちらの景色も、とてもきれいです。
(写真8 天竜川橋梁)
天竜川橋梁

今回は、鉄橋ではじまり、鉄橋でくくりました。
次回の普通列車で横浜→名古屋は、浜松駅からの予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する