にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
JR東日本の東海道線・普通列車のうち、朝夕の数本のみ、JR東日本とJR東海(熱海駅-沼津駅)を直通する列車があります。
どちらからも、熱海駅で乗り換えをしなくてよいため、とても便利な列車ですが、グリーン車を利用する場合は注意が必要です。
(写真1 東海道線普通列車のグリーン車)
東海道線普通列車のグリーン車

東海道線や横須賀線など、グリーン車を連結する路線では、「グリーン車を利用する場合、駅での発売額と車内での発売額が異なる」というアナウンスがされています。
SuicaやPASMOなどのICカードにグリーン券情報を記録する場合は、駅の券売機に加えて、ホームにあるSuica専用グリーン券うりば(現金・発券は不可)でも、グリーン券を乗車前に購入(記録)することができてとても便利です。
しかしながら、JR東海エリア内の駅までの場合は、熱海駅から先は、伊東線(JR東日本)の駅名のみの表示で、函南・三島・沼津の各駅は購入することができません。
(写真2 Suica専用グリーン券うりば)
Suica専用グリーン券うりば

列車に乗り遅れても困るので、とりあえず「熱海駅」の表示を押して、ICカードに情報を記録して乗車しました。
車内では、所定の場所にICカードをかざすと、車内検札が省略されるグリーンのランプが点灯します。
(写真3 グリーン車の車内でICカードをタッチするところ)
グリーン車の車内でICカードをタッチするところ

ただ、グリーン券情報は熱海駅となっていて、車内の利用案内をいろいろと読んでもよくわからず、この先が心配なので、グリーンアテンダントが巡回した際に尋ねることにしました。
(写真4 座席のグリーン車の案内)
座席のグリーン車の案内

そうしましたら、沼津駅までの区間変更の券を(無料で)発券してくれました。
ちなみに、ICカードを使用してJR東海エリアまで行く場合はこの方法しかなく、乗車前にグリーン券情報を(熱海駅などまで)記録しておかないと、割高な車内販売料金になるとのことでした。
(写真5 グリーンアテンダントによって発券してもらう区間変更の券)
グリーンアテンダントによって発券してもらう区間変更の券

そして、JR東海エリアから乗車する場合も注意が必要で、こちらは、みどりの窓口(改札外)でグリーン券(紙)を購入することになります。
グリーンアテンダントが車内を巡回した際、(紙の)グリーン券を確認後に、座席上のランプが赤色から緑色に変更されます。
(写真6 みどりの窓口で購入するグリーン券)
みどりの窓口で購入するグリーン券

ちなみに、沼津駅では、グリーン車を利用予定の乗客が、ホームでJR東海の乗務員に、グリーン券(ICカード用)の発売機はどこかを尋ねていましたが、少しだけ一緒にホーム上を探した上で、「ないようですね・・・。」と、詳しい仕組みを知らないようでした。

車内でグリーン券を購入しても数百円のちがいではありますが、折角の割引制度ですし、なにより心配にならなくよいので、先日から記事にしている所用で静岡県へ出かけた際に経験して知ることができてよかったと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する