にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
所用で静岡県へ行ったときの話題(寄り道)のつづきで、身延線の富士駅~西富士宮駅乗車の記録などです。

まずは、東海道線で乗換駅の富士駅へ向かいました。
(写真1 東海道線 島田ゆき JR東海・富士駅)
東海道線 島田ゆき JR東海・富士駅

富士駅では、コンテナを積んだ貨物列車をたくさん見かけます。
(写真2 富士駅の駅名標と貨物列車)
富士駅の駅名標と貨物列車

別のホームで、すでに身延線の列車が待っています。
身延線は、一度、甲府駅-富士駅間を乗ったことがありますが、今回は富士宮駅・西富士宮駅までです。
(写真3 富士駅に停車中の身延線)
富士駅に停車中の身延線

乗車した313系3000番台には、ドア開閉ボタンがあります。
最近は、東京駅を通る列車もドア開閉ボタンがある車両(路線)が増えましたので、地方の車両というイメージはなくなりました。
(写真4 313系3000番台 車内のドア開閉ボタン)
313系3000番台 車内のドア開閉ボタン

ただ、身延線は、ワンマン運転も行いますので、運賃箱が備え付けられています。
(写真5 運賃箱)
運賃箱

途中駅の一部(無人駅)では、すべてのドアが開かず、進行方向先頭車の前から下車することになります。
(写真6 ワンマン運転 ドア締切中の表示)
ワンマン運転 ドア締切中の表示

行きは、6駅乗車して、終点の一つ手前、富士宮駅で下車しました。
(写真7 富士宮駅 駅名標)
富士宮駅 駅名標

2両編成の列車は、ここから単線区間となり、あと1駅先の西富士宮駅へ向かいます。
(写真8 富士宮駅の313系3000番台)
富士宮駅の313系3000番台

富士宮駅の改札付近では、JR東海のICカードチャージ機がありました。
(写真9 JR東海のICカードチャージ機)
JR東海のICカードチャージ機

富士宮駅で降りた理由は、富士山本宮浅間大社をお参りするためです。
この日は、あいにくの天候(少し高いところでは雪)で、富士山は拝めませんでしたが、大きなお祭りの日ということで、早朝から様々なイベントがあり、午後からは人も多くなりました。
(写真10 富士山本宮浅間大社)
富士山本宮浅間大社

帰りは、さらに先へ行き、西富士宮駅から身延線に乗車しました。
駅前は、以前よりも、さらに寂しくなったように感じました。
(写真11 西富士宮駅身延線ホーム)
西富士宮駅身延線ホーム

身延線には、特急列車(ふじかわ)も運行されていますが、富士宮駅より甲府方面は単線です。
ちなみに、 西富士宮駅-富士宮駅間のこの高架は、踏切をなくすため、約5年前に完成したものです。
(写真12 西富士宮駅-富士宮駅 単線から複線へ)
西富士宮駅-富士宮駅 単線から複線へ

天候のよい日は、富士山もずっと見えて、なかなかよい路線です。
また、次の機会の訪問も楽しみにしています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する