にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
KATO(鉄道模型・Nゲージ)E231系 東海道線仕様の室内灯点灯化では、メンテナンス性を向上させた自作LED室内灯を試作しました。
まずは、先頭車1両に取り付けて点灯の様子を確認します。
(写真1 KATO E231系 東海道線仕様 自作LED室内灯)
KATO E231系 東海道線仕様 自作LED室内灯

KATOのE231系は窓の緑色が強いので、青みがあり、蛍光灯では“昼光色”に相当する白色テープLED(E233系1000番台 京浜東北線でも採用)を使用しました。
なお、先日テストで、メーカー製(KATO)の「室内灯クリア」を入れたグリーン車と並べて見ましたが、それなりにバランスは取れているのではないかと思っています。
(写真2 KATO E231系 自作室内灯とメーカー製室内灯)
KATO E231系 自作室内灯とメーカー製室内灯

今回の試作品で、これまでと大きくちがうのは、車体の屋根に室内灯を取り付けず、TOMIXなどと同じように、床下・台車側に簡単に取り付けられるようにしたため、取り外しの際も含めてメンテナンス性がよくなりました。
(写真3 メンテナンス性を向上させたKATO用 自作LED室内灯)
メンテナンス性を向上させたKATO用 自作LED室内灯

しばらく、試験走行などさせて問題がなければ、この方式でE231系 東海道線仕様の室内灯を仕上げる予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する