にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
KATO(鉄道模型・Nゲージ)の103系は、あとから追加された車両や予備車など、屋根上の塗り分けが終わっていなかった分について、今後の予備を含め、先日のTOMIXの103系(HG仕様)につづき、まとめて塗装しました。
KATOの103系は、屋根とクーラーが一体となっているため、マスキング作業など、かなり手間がかかります。
(写真1 KATO 103系 屋根・クーラー・ベンチレーター 塗装)
KATO 103系 屋根・クーラー・ベンチレーター 塗装

まず、ATC車 山手線色(10両セット)のなかで、最後にようやくそろったクハ103-300も屋根の交換が終わり、代わりをしていたATC準備車と交代となりました。
(写真2 KATO 103系ATC車 山手線色 クハ103-300)
KATO 103系ATC車 山手線色 クハ103-300

つづいて、予備車では、京浜東北線(スカイブルー)が、モハ103、モハ102、サハ103の3両残っていて、こちらも交換を行いました。
(写真3 KATO 103系 京浜東北線 予備車)
KATO 103系 京浜東北線 予備車

このほかには、最後に増備した非ATC車のクハ103(2両)と、中央線10両化のためのサハ103(2両)のオレンジがあります。
こちらは、後日、中央線として準備ができたら、掲載したいと思っています。

上記の分として使用しても、まだ残りが8両分ありますので、何かの機会にKATOの103系が増えても、すぐに交換できるようになっています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する