にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)103系通勤電車スカイブルー(京浜東北線)は、ATC車基本4両のみだった、屋根・クーラー・ベンチレーターの塗り替えを、初期型非冷房車や差し替え用のサハ103初期型冷改車など、残りの6両+1両のすべてについて完了しました。
(写真1 TOMIX 103系通勤電車 10両 屋根上塗り替え)
TOMIX 103系通勤電車 10両 屋根上塗り替え

先に塗り替えを済ませているKATOの103系京浜東北線と並べると、同じ色で塗装しているため、メーカーのちがいによる違和感がだいぶなくなったと思います。
(写真2 TOMIX・KATO 103系 京浜東北線 屋根上塗り替え)
TOMIX・KATO 103系 京浜東北線 屋根上塗り替え

なお、TOMIXの作業が完了して、6+4、または7+3の編成ができましたので、KATOの方は組み替えを行って、10両貫通編成(北ウラ)にしました。
(写真3 ATC+初期型非冷房車とATC10両貫通編成)
ATC+初期型非冷房車とATC10両貫通編成

ちなみに、TOMIXの塗り替えでは、その副産物として、冷房機が墨入れをしたようになりました。
(写真4 墨入れをしたようになったクーラー)
墨入れをしたようになったクーラー

それから、6+4の編成で、中間に向かい合わせとなっているクハ103-500とクモハ103も、少し印象が変わりました。
(写真5 TOMIX 103系 ATC高運転台・初期型非冷房車)
TOMIX 103系 ATC高運転台・初期型非冷房車

103系の屋根上の塗装は、あと、山手線ATC車が1両と、中央線(武蔵野線)非ATC車2両(いずれもKATO)などが残っています。
窓を開けられるシーズンになりましたので、早めに作業を進めるつもりです。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する