にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年8月7日(土)~8日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の36回目・最終回です。

はじめは、“空想鉄道の夏”というタイトルの「東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部」の作品です。
主にペーパーを使って作ったというジオラマは、背景ともマッチしてすてきな夏を表現しています。
(写真1 東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部)
東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部

2校目は、“万里の長城”というタイトルの「神奈川県立神奈川総合産業高等学校 鉄道研究部」の作品です。
レンガの表現など、雰囲気がよくでていると思います。
(写真2 神奈川県立神奈川総合産業高等学校 鉄道研究部)
神奈川県立神奈川総合産業高等学校 鉄道研究部

3校目は、ウエスタンリバー鉄道をモデルにした「京華高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
各エリアをコンパクトにまとめて、モジュールの中に上手に再現しています。
(写真3 京華高等学校 鉄道研究同好会)
京華高等学校 鉄道研究同好会

4校目は、“都会の廃墟へようこそ”というタイトルの「千葉県立船橋高等学校 鐵道研究部」の作品です。
京成電鉄の東成田駅をモデルにしたもので、地下の表現がそれらいしいものとなっています。
(写真4 千葉県立船橋高等学校 鐵道研究部)
千葉県立船橋高等学校 鐵道研究部

5校目は、“だんじり祭りで賑わう春木駅”というタイトルの「大阪府立岸和田高等学校 鉄道研究部」の作品です。
南海電鉄の春木駅を中心に、地元のお祭りを再現したものとなっています。
(写真5 大阪府立岸和田高等学校 鉄道研究部)
大阪府立岸和田高等学校 鉄道研究部

6校目は、“河原の夕暮れ”というタイトルの「昭和第一学園高等学校 建築デザイン部」の作品です。
京浜急行線の多摩川橋梁をイメージしたもので、多摩川の河川敷なども作り込まれています。
(写真6 昭和第一学園高等学校 建築デザイン部)
昭和第一学園高等学校 建築デザイン部

7校目は、雪上に戦いのシーンのあるの「多摩大学目黒中学・高等学校 クラフト部」の作品です。
不思議と店舗にある鉄道模型のジオラマにも、ガンプラを見かけることがよくあります。
(写真7 多摩大学目黒中学・高等学校 クラフト部)
多摩大学目黒中学・高等学校 クラフト部

8校目は、近郊の景色に見える「千葉県立東葛飾高等学校 鉄道研究部」の作品です。
畑や田んぼがある風景の中の建物を見ると、一部に電線が表現されていてリアルな感じがしたりします。
(写真8 千葉県立東葛飾高等学校 鉄道研究部)
千葉県立東葛飾高等学校 鉄道研究部

9校目は、“ザ・秩父”をテーマにした「埼玉県立秩父農業工科高等学校 電気システム科 課題研究 電車班」の作品です。
自然が豊かな秩父を表現しようと、秩父鉄道の和同黒谷駅と周辺を再現しています。
(写真9 埼玉県立秩父農業工科高等学校 電気システム科)
埼玉県立秩父農業工科高等学校 電気システム科 課題研究

10校目は、3Dプリンタを使った「国立長岡高等工業専門学校 模型同好会」の作品です。
このほかにも、マイコンなどを使って制御するLED点灯など、見所がいろいろとあります。
(写真10 国立長岡高等工業専門学校 模型同好会)
国立長岡高等工業専門学校 模型同好会

11校目は、カメラを通してジオラマを見ることを意識したりした「日々輝学園高等学校 東京校 鉄道・パソコン部」の作品です。
駅の発車ベルのボタンやLED照明など、電気を上手に使っています。
(写真11 日々輝学園高等学校 東京校 鉄道・パソコン部)
日々輝学園高等学校 東京校 鉄道・パソコン部

12校目は、地下駅風のホームがメインの「慶應義塾志木高等学校 鉄道研究会」の作品です。
具体的な路線名は確認できませんでしたが、都会的なホームがつくられています。
(写真12 慶應義塾志木高等学校 鉄道研究会)
慶應義塾志木高等学校 鉄道研究会

13校目は、“田舎の駅~ふるさと~”というタイトルの「神奈川県立金沢総合高等学校 鉄道研究部」の作品です。
モジュールの中でも、特に、山の作りはこだわりを感じます。
(写真13 神奈川県立金沢総合高等学校 鉄道研究部)
神奈川県立金沢総合高等学校 鉄道研究部

最後は、駿台学園前と名付けられた駅をメインにした「駿台学園高等学校 鉄道研究部」の作品です。
紹介には、京浜東北線の駅名標に、“駿台学園前”と入れたものがあり、そんなイメージなのかもしれません。
(写真14 駿台学園高等学校 鉄道研究部)
駿台学園高等学校 鉄道研究部

36回にわたって掲載した「鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門」は、これで終わりです。
できる限り、参加校を掲載するように努めましたが、参加校がとても多いため訪問できなかったり、写真をうまく撮れずに紹介できなかったところもあるかと思います。大変残念ですが、事情をご理解いただければと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する