にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
JR山手線御徒町駅のフィギュアみやげシリーズは、ときどき掲載してきましたが、東京駅の横須賀線・総武快速線では、「山手線さんぽ、千葉、東海道」の3種類入ったラッキードロップを見かけました。
(写真1 東京駅のフィギュアみやげシリーズ)
東京駅のフィギュアみやげシリーズ

まずは、東海道のフィギュアみやげからです。
内容から包みまで、驚くほどよく再現しているのは“崎陽軒のシウマイ弁当”(横浜)で、割り箸の袋もそのままといった感じです。
(写真2 東海道~崎陽軒 シウマイ弁当)
東海道~崎陽軒 シウマイ弁当

つづいては、“川崎工場群”は、きれいな夜景を思い浮かべそうな配置となっています。
東海道は、このほか、“小田原城”や“エバンゲリオン”ほかがあります。
(写真3 東海道~川崎工場群)
東海道~川崎工場群

千葉のフィギュアみやげは、御徒町駅で掲載したばかりですので、山手線さんぽからを掲載します。※一部は紹介済み。
ねこブームで一時よりは話題にあがりにくくなったような気がしますが、駅に関連する動物で、渋谷駅の“ハチ公”は、よくできています。
(写真4 山手線さんぽ~渋谷駅「ハチ公」)
山手線さんぽ~渋谷駅「ハチ公」

そして、今やすっかり観光名所他なった秋葉原駅周辺は、“秋葉原電気街”としてフィギュア化されました。
鉄道模型のジオラマを考えてもびっくりなほど凝縮されています。
しかし、“電気街”というイメーが、どんどん薄れていっているのは気がかりなところです。
(写真5 山手線さんぽ~秋葉原駅「秋葉原電気街」)
山手線さんぽ~秋葉原駅「秋葉原電気街」

あと、みはしの“あんみつ”も、おしぼりまでしっかりと作られているのは、楽しいところです。
(写真6 山手線さんぽ~上野あんみつ「みはし」)
山手線さんぽ~上野あんみつ「みはし」

山手線さんぽのフィギアみやげについては、過去の御徒町駅で、今回紹介しなていなものを写真付きで掲載します。
いくつかほしいものがあるので、手に入れたいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する