にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
先日お知らせしたような状況で、更新できない日が続いてしまうこともありますが、いつも、ご訪問いただき本当にありがとうございます。

さて、旧・田町車両センター(跡地)再開発工事は、少し前に、起工式が行われたこともあり、さらに、工事が大きく動き出したように見えた、2017年2月中旬の進捗状況です。
(写真1 品川駅付近)
品川駅付近

当初、今回は京浜東北線からの様子を予定していましたが、山側からは積み上げた土砂ばかりの景色が目立つため、再び、常磐線直通の上野東京ラインからです。
ブルーシートの先が京浜東北線ですので、視界が遮られるような感じになります。
(写真2 旧・田町車両センター再開発の進捗 2017年2月中旬)
旧・田町車両センター再開発の進捗 2017年2月中旬

京急線・都営浅草線の泉岳寺駅が近くなってくる、新駅予定地付近にあった大きな穴(地下)は、地上から見るとふたが閉じられたようになっていました。
また、大きな筒状の物も、置いてある数が増えています。
(写真3 大きな筒状の物)
大きな筒状の物

少し進んで、京浜急行電鉄のビル付近でも、いろいろと工事が行われています。
(写真4 京浜急行電鉄本社付近)
京浜急行電鉄本社付近

このほか、更地だったところも、だんだんと作業が進んできています。
(写真5 軌道モーターカーらしき車両)
軌道モーターカーらしき車両

さらに、田町駅方面でも、たくさんの動きが見られます。
(写真6 作業車両など)
作業車両など

田町駅が近くなったところでは、ショベルカーが作業をしていました。
(写真7 田町駅が近くなったところのショベルカー)
田町駅が近くなったところのショベルカー

ここからは、順調に工事が進むと、かなり速いペースで景色が変わっていくかもしれません。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する