にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
掲載予定がずれ込んでしまっていますが、2017年2月3日(金)~5日(日)の3日間、ランドマークホールにて開催されていた「ヨコハマ鉄道模型フェスタ2017」からの続きで、レイアウト・ジオラマ展示の2回目です。

TOMIX(トミーテック)につづいて、グリーンマックスへと移ります。
GMのレイアウトは、前回までのものと全く同じですので、ホール内が暗いときを中心に、全部のシーンを、都会の高架のある駅から順に掲載します。
(写真1 GM 都会の高架のある駅)
GM 都会の高架のある駅

駅のシーンの反対側は、工場や漁港のようなジオラマで構成されています。
中心部の奥のみ仕切られていて、場面が変わるつくりとなっています。
(写真2 工場や港の風景)
工場や港の風景

次は、カーブ区間の学校のあるシーンです。
一段高いところにあり、下のトンネルを列車が通過していきます。
(写真3 学校のあるシーン)
学校のあるシーン

そして、もう一方のカーブ区間は、京浜急行の車庫と踏切のシーンとなっています。
前年度に掲載したと思いますが、踏切をのぞくと背景写真が生きて奥行き感ができます。
(写真4 京浜急行の車庫と踏切のシーン)
京浜急行の車庫と踏切のシーン

また、京浜急行といえば、初回にも掲載しましたけれど、ホール後方の別の場所に、車両基地のジオラマもありました。
(写真5 GM 京急の車両基地全体)
GM 京急の車両基地全体

つづいては、 KATOのレイアウトです。
こちらも、ほとんど変わりないため、記録として簡単にまとめることにします。
(写真6 KATOのレイアウト全体)
KATOのレイアウト全体

この日の走行車両は、横浜開催ということもあるのでしょうか、京浜急行の2100形が目立ちました。
工場のあるシーンを赤と白の電車が通過していきます。
(写真7 KATO 工場のあるシーン)
KATO 工場のあるシーン

そして、会場のすぐ近くを通る横浜高速鉄道みなとみらい線に乗り入れる東急5050系4000番台も走行していました。
8両編成の5050系も発売が予定されていますので、しっかりとアピールということもあると思います。
根岸線(京浜東北線)の桜木町駅も近いですが、あまり印象に残らなかったので、レイアウト上にいたかどうか定かではありません。
(写真8 東急5050系が走行するレイアウト)
東急5050系が走行するレイアウト

ヨコハマ鉄道模型フェス2017の話題は、別の話題を少し入れて、まとめ的な内容であと1回を予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する